Android修理ジャパン 秋葉原店のスタッフブログです

android修理ジャパン
秋葉原店スタッフブログ

秋葉原店 ▶ スタッフブログ

Xperia XZ1 バッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店スタッフTです!

今回は、Xperia XZ1 のバッテリー交換をご紹介いたします。

お持ちいただいたエクスペリアは中古でご購入されたもので、使い始める前にバッテリー交換をしたいというご依頼でした。 外見は非常に綺麗な状態で、機能については買う前に一通り確認させてもらって納得のできる端末だったということです。ただバッテリーについては、どんなに丁寧に使っていた端末でも使用年数やアプリ、使い方によって劣化状態は変わってしまいます。 消耗品であるバッテリーを新しいものに交換して、”新しい端末”としてこのXperia XZ1を使い始めたい! というお客様のご希望に添えるよう、早速バッテリー交換を始めましょう!  

画面側から端末を開く

今回ご依頼の機種Xperia XZ1 は、画面側から端末を開ける構造になっています。 画面と本体の間の粘着をはずしながら、本体から画面を少しづつ離していきます。液晶や本体内部に傷をつけたり破損したりしないよう慎重な作業になります。同じく画面側から開ける機種ではXperia XZ がありますが、画面のケーブルの配置や繋がり方は異なりますので注意しましょう。 外枠の粘着を全てはずして画面を持ち上げられる状態になったら、画面左側から少し開いて内部を確認します。 バッテリーや基板はパネルで覆われている為まだ見えていない状態です。バッテリーの劣化が進んでいると、画面にまだ影響が出ていなくてもこの内部のパネルだけ押し上げられていることもあります。今回の端末はバッテリーの膨張はしていないようなので安心しました。 ケーブルが繋がって黒いプラスチックで覆われているのが画面のコネクタです。このコネクタをはずして、画面を取り外します。  

基板を取り外す

画面をはずしたら、固定しているネジをはずして内部のほぼ全体を覆っているパネルを取ります。 そうするとようやく基板とバッテリーが現れます。 バッテリーテープの先が基板の下にあるので、バッテリーをはずす前に基板を取り出す必要があります。そのために基板の一部を覆っているプラスチックカバーやスピーカーをまず取り出します。 そしてバッテリーのほか接続されているコネクタが全て外してあることを確認してから、基板を動かします。 基板は端末本体にピッタリと納まっているので、フレームとの隙間から少しづつ持ち上げながら動かしていき基板全体を浮き上がらせます。 フレームやケーブルなどに引っかからないよう注意しながら、慎重に基板を取り出します  

新しいバッテリーに交換する

あとは、基板の下に隠れていたテープの先から粘着をはずしたら、バッテリーを取り出すことができます。 新しいバッテリーに交換し、基板とそのほかのパーツを元通りに端末内部へ戻していきます。エクスペリアは、ネジの数も種類もそんなに多くないので、留める位置で混乱することはあまりないと思います。ですが、基板やバッテリー、そのほかのパーツが上下、左右、厚さも含めて立体的なパズルのようにピッタリと端末に納まっているので、正確な位置に正確な順序で戻していくことが求められます。 コネクタを全て接続し、画面まで元通りに組み立てが終わったら、圧着と動作チェックを行い修理完了です!  

当店では、エクスペリアのバッテリー交換も即日対応しております!

電池の減りが気になっていたり、膨張で画面やバックパネルが浮いてしまったり、お困りでしたら是非ご利用ください!

スマホが起動しない、充電できない、というような非常に不安な端末状態でも、バッテリーの劣化が原因ということもありますので是非ご相談下さい(^^)/

そのほか画面や充電コネクタなどの修理も承っております。対応機種やお見積りはお電話でも受付しております。お気軽にお問い合わせください♪

ご利用お待ちしております!android修理ジャパン秋葉原店

Xperia Z5 compact バッテリー交換と同時にバックパネルも修理!

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店です!

今回は、Xperia Z5 compact のバッテリー交換&バックパネル修理をご紹介します!

お客様からXperia Z5 compact のバッテリーについてお問い合わせがあり、今現在の状況を伺いました。 「充電は問題なく出来ているのに、電池の減りがかなり速い!」とのこと。そして、「でもこの端末が使いやすいから、まだまだ使いたい!」というご要望です!ほかの機能の不具合などは出てきてないこともあり、まだ機種変更は考えていないそうです。 使いやすいお気に入りの端末を今後さらに快適に使っていただけるように、バッテリー交換のご予約を承りました。 そのあと予定通りのお時間でご来店いただきましたので、早速端末の状態を確認させていただきましょう。  

お預かり時の端末状態

「気になっているのは電池の減りだけ」と伺っていましたが、背面パネルが割れていました! 上下に渡って斜めに大きな亀裂と、中央左側に多くの細かい割れが見られました。以前、道端でスマホを落としたときに背面だけが割れてしまったそうです。画面は割れていないので操作に何の問題もなく、いつもはケースを付けて使用している為あまり気にもならず、割れてからも今まで普通に使っていたとのこと。 確かに、動作確認をさせていただいても現時点で機能には特に問題はありませんでした ですが端末を閉じている役割のパネルが割れてしまうと、内部に塵やホコリそして天敵の水分が入り込んで故障の原因になる恐れがあります。操作に欠かせない画面だけでなく、バックパネルに関してもできることなら早めに直すことをオススメいたします。 今回は、気になっている電池の減りを改善したい、そしてやはり背面パネルについても出来ることなら直したいというお客様のご要望で、バッテリー交換と同時にバックパネルの修理も承ることになりました!  

バッテリーの交換

Xperia Z5 compactは、背面から端末を開いていきます。 端末のフチを粘着テープで固定されているので、パネルと本体の隙間から左右および上下の接着面を剥がします。パネルが浮いてくるまでは内部が見えない状態で作業をすることになるので、カメラやバッテリーなどを傷つけないよう慎重に行います。特に今回はパネルが割れていて通常より細かい作業になるので、さらに注意が必要です。 バックパネルを外したら、本体の作業になります。 まずは端末一周を囲むように覆っている黒いプラスチック枠を取ります。固定しているネジをはずし、本体から枠を少しづつ浮かせながら取り外します。 各パーツのコネクタをそれぞれはずし、基板の上に配置されているカメラなどのパーツ取り出してよけておきます。Xperiaは機種によって内部がいろいろな構造をしていますが、今回の端末Z5 compactは、画像のような緑色の基板の上にバッテリーが貼りついています。このように基板ごと慎重に持ち上げてから、粘着テープを取ってバッテリーを剥がします。 元の古いバッテリーが取り外せたら、新しいバッテリーを基板の同じ位置に取り付けます  

バックパネルの交換

新しいバッテリーを付けて基板を端末内部の元の位置に戻したら、外した時と逆の順序で基板上のパーツやコネクタを元通りに取り付けます。そしてまだ基板が見えている部分を覆うように黒いプラスチック枠を元通りにはめて、ネジで固定します。 最後に、新しいバックパネルを粘着テープで貼りつけて端末を閉じたら、修理作業完了です!  

修理後は動作チェックと圧着

SIMカードやSDカードも忘れずに戻し、一通りの動作チェックを行います。 充電のチェックはそれなりに時間が必要なので、その間を利用して端末の圧着も同時にしておきます。Xperiaは、粘着テープのみで端末が閉じているので、しっかり圧着するにはこちらもやはり時間が必要です。 全ての作業が終わり、無事にお客様へ端末をお渡しすることが出来ました! 今回はバッテリー交換と同時に、割れていたバックパネルの修理もさせていただいたので、お客様のご希望通り今後もまだまださらに快適にお使いいただけることでしょう♪  

当店では、Xperia各機種の画面修理やバッテリー交換のほか、バックパネルの破損や充電コネクタの故障なども対応しております!即日修理も可能ですので、気になる箇所がありましたら是非お問い合わせください!

対応機種やお見積りはお気軽にお電話ください(^^)/

ご利用お待ちしております!android修理ジャパン秋葉原店

 

Xperia XZ premiumのバッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店スタッフTです。

今回は、Xperia XZ premiumのバッテリー交換をご紹介いたします。

お持ち込みいただいた時点で、端末の電源は切れている状態でした。 お客様は以前から「電池の持ちはあまり良くない」とは感じていたようですが、仕事中や日中の出掛けている時間は特に問題なく使えていたためバッテリーの劣化はそれほどは気にしていなかったそうです。それが突然、寝る前に充電器に繋いでおいたはずなのに朝見たら0%のままで起動していないので、さすがに不安になったということでお持ち込みいただきました。  

まずは端末の状態を確認します

お持ちいただいた端末を充電器に繋いでみると、しっかり充電中になります。コネクタ部分を少し動かしてみても充電は途切れないようなので、コネクタ部分は正常に働いているようです。しかし、しばらく充電中のまま置いてみてもバッテリーの表示は0%から増えていきません。 おそらくバッテリーの劣化で蓄電ができなくなってしまったのだと考えられますので、バッテリーを新しくすることで今後も問題なく使っていただけると思われます!  

早速、バッテリー交換をしていきましょう

Xperiaの端末の開け方は機種によって違いますが、今回のXZ premiumはバックパネル側から開きます。 まず端末ごと温め、特に背面の粘着を弱めてからバックパネルと本体の間を丁寧に少しづつ離していきます。バックパネルと本体は粘着テープのみで付いていて、ネジで止まっていたり、ケーブルが繋がっていたりすることもありません。比較的、障害が無く作業が進められる部分と言えます。それでも、端末内部のケーブルやカメラなどほかのパーツを傷つけてしまう危険もあるので注意して、慎重に行います。 端末本体からバックパネルが取り外せたら、本体側内部のネジを外します。そして各コネクタやパーツを覆っている黒いプラスチックのカバーを外し、バッテリーおよびそのほかのコネクタを外しておきます。 バッテリーを貼り付けているテープの端が基板の下に隠れているので、コネクタやパーツに注意しながら基板を取り出します。 さらにバッテリーの上に配置されているケーブルを剥がしてよけておけば、バッテリーを本体から取り出すことができます。そして新しいバッテリーに交換します。 あとは今までの作業を逆の順で辿り元通りに端末を閉じるだけです。 バッテリー上のケーブルを戻し、基板とパーツを取り付け、それぞれコネクタを繋げて、いくつかの小さなカバーとネジを付けます。元通りにしていく単純な作業ではありますが、スマホに入っている膨大な量の技術が所狭しと配置されているので、一つでも位置が違えば元には戻らなくなってしまうでしょう。取り外しの際に、位置や向きをしっかり確認しておき、そのあとの作業がスムーズに出来るように並べておくと安心です。

圧着して、動作確認して、修理完了!

最後にバックパネルを粘着テープで固定し圧着します。Xperiaは粘着テープのみで端末が閉じられていて、iPhoneのようなネジや引っ掛かりもありません。そのため今後の使用中に外れてしまったり浮いてしまったりすることがないよう、しっかりと圧着します。ただ、縁がとても細いので、画面や他のパーツを破損しないようちょうどよく圧力の調整が大切です。 起動・充電の確認、そのほかの機能の動作チェックを行い修理完了です!   今回は、新しいバッテリーに交換することで正常に起動し、充電もしっかり出来るようになりました。やはりバッテリーの劣化が原因だったようです。ほかの部分は特に不具合も見られなかったので、今後も長く使っていただけると思います!  

充電の減りが早いと感じるときはもちろん、充電できない、起動できないという場合でも、バッテリーの劣化が原因ということはよくあります!

「本体の寿命かな」と諦めずに、是非当店へご相談下さい!

当店ではバッテリーのほか、画面や充電コネクタ、バックパネルなどのパーツも取り揃えてXperia各機種の修理の対応をしております。故障の原因がわからなくても安心してお任せください!!

対応機種やお見積りはお気軽にお電話で(^^)/ご利用お待ちしております。

android修理ジャパン秋葉原店

【XZ1】膨張すると側面に隙間ができる【バッテリー交換】

長く使っているとバッテリーが膨らんで側面に隙間が空いてくることがあります。

電源を入れていると横から光が漏れてくるのですぐにわかりますね。  

早いところ交換しないと剥がれた液晶がどこかに引っかかったりして壊れてしまいます。

それでは新しいバッテリーを交換して行きましょう。 まず液晶を外してバッテリーを抑えているプレートのネジを外していきます。  

予想通りパンパンに膨らんでいます。

このバッテリーをとります。アウトカメラやスピーカ、基盤をとり外さないとバッテリーが取れないのが難点です。 この辺は慎重に。

 

隙間が埋まりました。

交換が終わったところです。 すっかり隙間が消えると気持ちいいですね。  

最終確認です。

タッチ操作、通話確認をして終了です。 幸い液晶は無事です。膨らんだままカバンの中に入れたりすると物が挟まったりして壊れたり、細かいゴミが液晶内に入り込んで汚れてしまいかねませんので、もし少しでも液晶が浮いてきたかな、と思ったら修理店にバッテリー交換をしましょう。  

次回予告

バッテリーの膨張はなぜ起こるのか、結構質問されることが多いので、次回は全てのスマホにリチウムイオンバッテリー自体の話をしたいと思います。

【水没】他店で修理不可でもデータを救え!【Xperia XZ1編】

水没してからしばらくは操作ができていたそうなのですが、気づいたら電源が落ちて真っ暗な無反応状態に。

  そこで、他店に持ち込んで見てもらったそうですが、修理不可できなかったそうです。 データのバックアップが取れていないために、どうにか電源が入ってほしいところですが、特に”〇〇が壊れて修理不可”というようなことは教えてもらえなかったそうなので何も手がかりがない状態からの修理です まだカメラが結露しているところがなんか気になりますね。

それに、直らなかった上に作業料金を支払うのは絶望です。

   

例によって基盤取り出しです。

見た目は特に今水浸しになっている箇所は見つからず、ほとんど乾いてしまったようです。 画面側↓   背面側↓   一見故障していそうなところは全然見当たりません。...がしかし画面を交換しようがバッテリーを新しくしようがケーブルを挿そうが、全く電源が入りません。

なぜに....とおもったら見つけました!

これは通話に使う赤外線が出る近接センサーのすぐそばですね。  

錆びてボロボロになっているし洗浄しても復活しなそうなので、このパーツは取ってしまおう笑

はんだを溶かして取り外したところです↓近接センサーが働かなくなってしまうかもしれませんが、この機能がカットされることで電源が入るかもしれません。 この状態で一回本体に戻して電源を入れてみます。念の為バッテリーと液晶は新品を入れます。    

電源入った―――(゚∀゚)―――― !!

そのままホーム画面に進むまで待機。ドキドキ...

ちゃんと動く!!!

タッチ操作もできます。これから完全に組み上げて機能を一つ一つ確認していきます。  

はい、組み立て終わりました。

特にお客様の液晶もバッテリーも故障していなかったのでそのまま戻して使用しています。通話もできています。気になる近接センサーもしっかり機能していました。  

バッテリーの減りは速くなってしまったようです。

水没によくある症状です。こちらは残念ながら修理をすることができませんでした。 とは言っても起動をしていきなり充電が0%になったりはしませんので、データのバックアップをする余裕は十分あります。これで数ヶ月分のバックアップを救出することができました。 ご来店ありがとうございました。            

取れなくなったSDカードを救う回

うっかりやってしまうんですよね。トレーなしでカード類を本体のスロットに押し込んでしまう事が。

今回はエクスペリアXZプレミアムです。見事に押し込まれていますね....このままでは認識しません。  

それでは救出しましょう。

背面を開けてネジを外し、それぞれの邪魔なパーツをよけながら基盤を外します。エクスペリアはケーブルがいたるところに絡まっているので切断してしまわないよう注意。 ここまでが時間がかかるところですね。    

基盤をひっくり返してみるとつっかかっているSDカードが見えます。

これを押し出します。  

取れました!

あとは元に組み立て直してちゃんとトレーにSDカードを乗せて本体に挿し替えれば完了です。 同じようなことはiPhoneでもありましたので、きっとこういった事例はいっぱいあるはずです。 中にはSIMカードが同じ状況になってしまって電話ができないといったこともありました。 お困りの方は当店までお持ち込みくださいませ。