Android修理ジャパン 秋葉原店のスタッフブログです

android修理ジャパン
秋葉原店スタッフブログ

秋葉原店 ▶ スタッフブログ

【もはや構造上の欠陥】Xperia XZPremium充電できない問題

スマホによく起きる充電不良

スマホに付き物の充電の反応がなくなってしまう故障。これはどのスマホでも起こり得る症状です。充電ができなくなってしまうといずれバッテリー切れを起こしてスマホの電源が入らなくなってしまうので厄介です。 その中でもこのXZPremiumという機種は特殊な充電不良が起こる機種です。特徴としては、ケーブルを挿しても反応がないのに本体背面のロゴ(写真参照)を指で強めに押すと反応するというもの。 そしばらくするとまた無反応になってしまいます。 何度押しても継続的に充電してくれません。

普通は充電口のパーツ交換だが...

最初はケーブルを差す部分が傷んでいるのかと思い、パーツ交換をしてみましたが、症状は一向によくなりませんでした。ということはこの充電口を接続する方の基盤に問題があることになります。 それならば基盤を見ていきましょう。  

原因は基盤側のハンダが割れたことによる接触不良

さっきの背面ロゴのちょうど下にこの白いコネクターがあります。ここが充電口をつなぐところです。しかしこの接続部分のハンダ付けが結構な確率で割れてしまうのです。割れると基盤側から少し浮いてしまうのでなかなか充電が反応しないというわけです。そこで背面パネルの上から押すとその時だけ接触して一時的に充電の反応がするといった具合です。  

再度はんだ付けしよう

こうなったら再度はんだ付けをする他ありません。というわけで下の写真のようにこの白い接続部分の側面(はんだ溶接部分)にハンダを足しながら熱していきます。細かいですね...ダマになるとうまく起動しなくなってしまうので慎重に。  

できたら充電テストしてみる

顕微鏡で見てひび割れが無くなってちゃんと溶接されていることが確認できたら、筐体に戻して充電をしてみます。 何度かケーブルを抜き差ししてみて、途中で反応が途切れたりしないかどうかをチェック。成功ですね、スムーズに手を離したままでも充電してくれています。  

このまま満タンになるまで放置してみる。

翌朝見てみると正常に100%まで満充電されていることが確認できました。これでひとまずは安心です。  

構造上の問題がこの症状を引き起こす。

なぜこんなに充電不良がこの機種に多いのかというと、充電コネクターの配置に問題があります。 差し込み口には電話の左側にあるような小さなパーツが入っています。これにケーブルがつながると充電が始まるようになっていますいます。そして厄介なのが、このパーツを基盤側に接続する側です。 実はこのパーツで基盤を挟み込むようにUの字に折り曲げて基盤側に接続しています。なので常にまっすぐに戻ろうとする力がかかった状態になって次第にハンダが割れてしまうのです。よく見てみると持ち上がって斜めに接続されているものもあるんですよね...。一応上から押さえの蓋をしてねじ止めされているのですが、それでも持ち上がってしまうようです。 構造上の問題なのでどうしようもありませんからこれからも使っていくうちに同じような修理は何台も増えていくとでしょう。症状が酷い場合は一週間ほどお預かりする場合がございますが、どうしてもお困りの方はご相談くださいませ。            

XperiaZ5の画面が割れてタッチが出来ない本当の原因は?

XperiaZ5の画面が割れてタッチが出来ない本当の原因は?

どもどもAndroid修理ジャパン秋葉原店スタッフです。 Xperia1シリーズの台頭もマーク2が出てからというもの目覚しいものがありますが。 最近はXperiaXZ系統のXZ1やXZpremiumの修理が多くなってきましたが、XperiaZ系の寿命も長く、未だに人気機種なんだと感じる昨今。 来ました、Z5の画面割れでタッチが出来ないという御依頼です。

Xperiaは画面割れでタッチ不良に陥る物が多い

他のスマートフォンに比べ、XperiaのZシリーズはガラスの破損でタッチが効かなくなりやすい、と感じます。 その原因の一つにSony XperiaZシリーズでは薄く、発色の良い液晶が採用されていて、これが他のスマホに比べて薄い事、技術力の高さを伺える品物です。 恐らく、薄型軽量のために液晶パーツに力を入れているものと思われます。 Sonyは代表的な製品に映像素子や液晶分野がありますから、納得といえば納得。 しかし耐衝撃性に関しては...中々に難しいものがありますね。

しかし今回の修理は、話が違う

なので、今回も 「ガラス割れとタッチ不良はセットになりやすいですからね」 と説明はしたものの、背面から分解を進めていくと雲行きが怪しくなります。 そう、それは水没の可能性を示唆する基板の腐食です。 XperiaZ5に関しては充電端子付近の基板に液晶と充電用のコネクター受けがあります。 ここは通常、マナー振動用モーターと外部スピーカー、指紋認証センサー...とにかく色々と固定するプラスチックで覆われている部分なんですが、ここを開けてみると... 写真のように白い水垢のようなものが...これが基板の腐食です。 写真中央部の外されたコネクターが充電用のパーツ。 そのすぐ隣、奥に見える銀色の端子が液晶、タッチセンサーのコネクターですが...

コネクターの焦げ、発見

通常、端子で繋がっているコネクターは端子が全て綺麗に金色に見えていることが求められます。 接点、ですからね。これが汚れていると上手く電気が通りません。 先程の充電用の端子も半ば溶けている箇所がありますが、液晶用の端子も右端の部分に黒く変色した箇所があり、影響の大きさを物語っています。 むしろこの状態で落としてガラスが割れるまで動いていたという方が奇跡 精密機器の気合、たまにあるんですよね、既成概念以上の実力を見せる場合が...

こうなってしまうと、即日修理は難しい

パーツ交換で直らない場合、次に考えるのは基板自体の修理です。 ですが、基板修理ほどの更に細かい作業となると即日でお客様にお渡しは難しいです... 今回は基板修理も御案内させていただきましたが、お客様の希望でデータの移行にシフトすることになりました。

Androidの強いところ

液晶表示が出来ていても、この状態ではタッチパネルは依然として反応しません。 つまりロックの解除も操作も出来ない状態にあるわけです。 そこでAndroidの強みを生かして、外部アクセサリーを使います。 AndroidではOTG機能が標準で搭載されているので、様々なアクセサリを使用できます。 SDカードリーダーや、無線通信機。マウスやキーボードも使えます。 なのでマウスでパソコンのようにカーソルを使用してスマートフォンを操作することも可能。(一部の機種を除く) 仮にタッチパネルが使えないとしても... 写真のような充電端子(microB/type-C)からUSB端子に変換するケーブルを通せば、有線マウスを直接Xperiaのロック解除やバックアップが可能になります。 ここでポイントになるのは有線のマウスが必要というところですが... 変換ケーブルも、有線マウスも1000円以下で手に入る物なので、データを思えば大きな出費ではないはずです。 そんな感じで、ご説明をしてお引き渡しとなりました。 水の影響は怖いですね... お困りの際はAndroid修理ジャパン秋葉原店まで御相談下さい。  

Xperia XZ1 バッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店スタッフTです!

今回は、Xperia XZ1 のバッテリー交換をご紹介いたします。

お持ちいただいたエクスペリアは中古でご購入されたもので、使い始める前にバッテリー交換をしたいというご依頼でした。 外見は非常に綺麗な状態で、機能については買う前に一通り確認させてもらって納得のできる端末だったということです。ただバッテリーについては、どんなに丁寧に使っていた端末でも使用年数やアプリ、使い方によって劣化状態は変わってしまいます。 消耗品であるバッテリーを新しいものに交換して、”新しい端末”としてこのXperia XZ1を使い始めたい! というお客様のご希望に添えるよう、早速バッテリー交換を始めましょう!  

画面側から端末を開く

今回ご依頼の機種Xperia XZ1 は、画面側から端末を開ける構造になっています。 画面と本体の間の粘着をはずしながら、本体から画面を少しづつ離していきます。液晶や本体内部に傷をつけたり破損したりしないよう慎重な作業になります。同じく画面側から開ける機種ではXperia XZ がありますが、画面のケーブルの配置や繋がり方は異なりますので注意しましょう。 外枠の粘着を全てはずして画面を持ち上げられる状態になったら、画面左側から少し開いて内部を確認します。 バッテリーや基板はパネルで覆われている為まだ見えていない状態です。バッテリーの劣化が進んでいると、画面にまだ影響が出ていなくてもこの内部のパネルだけ押し上げられていることもあります。今回の端末はバッテリーの膨張はしていないようなので安心しました。 ケーブルが繋がって黒いプラスチックで覆われているのが画面のコネクタです。このコネクタをはずして、画面を取り外します。  

基板を取り外す

画面をはずしたら、固定しているネジをはずして内部のほぼ全体を覆っているパネルを取ります。 そうするとようやく基板とバッテリーが現れます。 バッテリーテープの先が基板の下にあるので、バッテリーをはずす前に基板を取り出す必要があります。そのために基板の一部を覆っているプラスチックカバーやスピーカーをまず取り出します。 そしてバッテリーのほか接続されているコネクタが全て外してあることを確認してから、基板を動かします。 基板は端末本体にピッタリと納まっているので、フレームとの隙間から少しづつ持ち上げながら動かしていき基板全体を浮き上がらせます。 フレームやケーブルなどに引っかからないよう注意しながら、慎重に基板を取り出します  

新しいバッテリーに交換する

あとは、基板の下に隠れていたテープの先から粘着をはずしたら、バッテリーを取り出すことができます。 新しいバッテリーに交換し、基板とそのほかのパーツを元通りに端末内部へ戻していきます。エクスペリアは、ネジの数も種類もそんなに多くないので、留める位置で混乱することはあまりないと思います。ですが、基板やバッテリー、そのほかのパーツが上下、左右、厚さも含めて立体的なパズルのようにピッタリと端末に納まっているので、正確な位置に正確な順序で戻していくことが求められます。 コネクタを全て接続し、画面まで元通りに組み立てが終わったら、圧着と動作チェックを行い修理完了です!  

当店では、エクスペリアのバッテリー交換も即日対応しております!

電池の減りが気になっていたり、膨張で画面やバックパネルが浮いてしまったり、お困りでしたら是非ご利用ください!

スマホが起動しない、充電できない、というような非常に不安な端末状態でも、バッテリーの劣化が原因ということもありますので是非ご相談下さい(^^)/

そのほか画面や充電コネクタなどの修理も承っております。対応機種やお見積りはお電話でも受付しております。お気軽にお問い合わせください♪

ご利用お待ちしております!android修理ジャパン秋葉原店

Xperia Z5 compact バッテリー交換と同時にバックパネルも修理!

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店です!

今回は、Xperia Z5 compact のバッテリー交換&バックパネル修理をご紹介します!

お客様からXperia Z5 compact のバッテリーについてお問い合わせがあり、今現在の状況を伺いました。 「充電は問題なく出来ているのに、電池の減りがかなり速い!」とのこと。そして、「でもこの端末が使いやすいから、まだまだ使いたい!」というご要望です!ほかの機能の不具合などは出てきてないこともあり、まだ機種変更は考えていないそうです。 使いやすいお気に入りの端末を今後さらに快適に使っていただけるように、バッテリー交換のご予約を承りました。 そのあと予定通りのお時間でご来店いただきましたので、早速端末の状態を確認させていただきましょう。  

お預かり時の端末状態

「気になっているのは電池の減りだけ」と伺っていましたが、背面パネルが割れていました! 上下に渡って斜めに大きな亀裂と、中央左側に多くの細かい割れが見られました。以前、道端でスマホを落としたときに背面だけが割れてしまったそうです。画面は割れていないので操作に何の問題もなく、いつもはケースを付けて使用している為あまり気にもならず、割れてからも今まで普通に使っていたとのこと。 確かに、動作確認をさせていただいても現時点で機能には特に問題はありませんでした ですが端末を閉じている役割のパネルが割れてしまうと、内部に塵やホコリそして天敵の水分が入り込んで故障の原因になる恐れがあります。操作に欠かせない画面だけでなく、バックパネルに関してもできることなら早めに直すことをオススメいたします。 今回は、気になっている電池の減りを改善したい、そしてやはり背面パネルについても出来ることなら直したいというお客様のご要望で、バッテリー交換と同時にバックパネルの修理も承ることになりました!  

バッテリーの交換

Xperia Z5 compactは、背面から端末を開いていきます。 端末のフチを粘着テープで固定されているので、パネルと本体の隙間から左右および上下の接着面を剥がします。パネルが浮いてくるまでは内部が見えない状態で作業をすることになるので、カメラやバッテリーなどを傷つけないよう慎重に行います。特に今回はパネルが割れていて通常より細かい作業になるので、さらに注意が必要です。 バックパネルを外したら、本体の作業になります。 まずは端末一周を囲むように覆っている黒いプラスチック枠を取ります。固定しているネジをはずし、本体から枠を少しづつ浮かせながら取り外します。 各パーツのコネクタをそれぞれはずし、基板の上に配置されているカメラなどのパーツ取り出してよけておきます。Xperiaは機種によって内部がいろいろな構造をしていますが、今回の端末Z5 compactは、画像のような緑色の基板の上にバッテリーが貼りついています。このように基板ごと慎重に持ち上げてから、粘着テープを取ってバッテリーを剥がします。 元の古いバッテリーが取り外せたら、新しいバッテリーを基板の同じ位置に取り付けます  

バックパネルの交換

新しいバッテリーを付けて基板を端末内部の元の位置に戻したら、外した時と逆の順序で基板上のパーツやコネクタを元通りに取り付けます。そしてまだ基板が見えている部分を覆うように黒いプラスチック枠を元通りにはめて、ネジで固定します。 最後に、新しいバックパネルを粘着テープで貼りつけて端末を閉じたら、修理作業完了です!  

修理後は動作チェックと圧着

SIMカードやSDカードも忘れずに戻し、一通りの動作チェックを行います。 充電のチェックはそれなりに時間が必要なので、その間を利用して端末の圧着も同時にしておきます。Xperiaは、粘着テープのみで端末が閉じているので、しっかり圧着するにはこちらもやはり時間が必要です。 全ての作業が終わり、無事にお客様へ端末をお渡しすることが出来ました! 今回はバッテリー交換と同時に、割れていたバックパネルの修理もさせていただいたので、お客様のご希望通り今後もまだまださらに快適にお使いいただけることでしょう♪  

当店では、Xperia各機種の画面修理やバッテリー交換のほか、バックパネルの破損や充電コネクタの故障なども対応しております!即日修理も可能ですので、気になる箇所がありましたら是非お問い合わせください!

対応機種やお見積りはお気軽にお電話ください(^^)/

ご利用お待ちしております!android修理ジャパン秋葉原店

 

Xperia XZ premiumのバッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店スタッフTです。

今回は、Xperia XZ premiumのバッテリー交換をご紹介いたします。

お持ち込みいただいた時点で、端末の電源は切れている状態でした。 お客様は以前から「電池の持ちはあまり良くない」とは感じていたようですが、仕事中や日中の出掛けている時間は特に問題なく使えていたためバッテリーの劣化はそれほどは気にしていなかったそうです。それが突然、寝る前に充電器に繋いでおいたはずなのに朝見たら0%のままで起動していないので、さすがに不安になったということでお持ち込みいただきました。  

まずは端末の状態を確認します

お持ちいただいた端末を充電器に繋いでみると、しっかり充電中になります。コネクタ部分を少し動かしてみても充電は途切れないようなので、コネクタ部分は正常に働いているようです。しかし、しばらく充電中のまま置いてみてもバッテリーの表示は0%から増えていきません。 おそらくバッテリーの劣化で蓄電ができなくなってしまったのだと考えられますので、バッテリーを新しくすることで今後も問題なく使っていただけると思われます!  

早速、バッテリー交換をしていきましょう

Xperiaの端末の開け方は機種によって違いますが、今回のXZ premiumはバックパネル側から開きます。 まず端末ごと温め、特に背面の粘着を弱めてからバックパネルと本体の間を丁寧に少しづつ離していきます。バックパネルと本体は粘着テープのみで付いていて、ネジで止まっていたり、ケーブルが繋がっていたりすることもありません。比較的、障害が無く作業が進められる部分と言えます。それでも、端末内部のケーブルやカメラなどほかのパーツを傷つけてしまう危険もあるので注意して、慎重に行います。 端末本体からバックパネルが取り外せたら、本体側内部のネジを外します。そして各コネクタやパーツを覆っている黒いプラスチックのカバーを外し、バッテリーおよびそのほかのコネクタを外しておきます。 バッテリーを貼り付けているテープの端が基板の下に隠れているので、コネクタやパーツに注意しながら基板を取り出します。 さらにバッテリーの上に配置されているケーブルを剥がしてよけておけば、バッテリーを本体から取り出すことができます。そして新しいバッテリーに交換します。 あとは今までの作業を逆の順で辿り元通りに端末を閉じるだけです。 バッテリー上のケーブルを戻し、基板とパーツを取り付け、それぞれコネクタを繋げて、いくつかの小さなカバーとネジを付けます。元通りにしていく単純な作業ではありますが、スマホに入っている膨大な量の技術が所狭しと配置されているので、一つでも位置が違えば元には戻らなくなってしまうでしょう。取り外しの際に、位置や向きをしっかり確認しておき、そのあとの作業がスムーズに出来るように並べておくと安心です。

圧着して、動作確認して、修理完了!

最後にバックパネルを粘着テープで固定し圧着します。Xperiaは粘着テープのみで端末が閉じられていて、iPhoneのようなネジや引っ掛かりもありません。そのため今後の使用中に外れてしまったり浮いてしまったりすることがないよう、しっかりと圧着します。ただ、縁がとても細いので、画面や他のパーツを破損しないようちょうどよく圧力の調整が大切です。 起動・充電の確認、そのほかの機能の動作チェックを行い修理完了です!   今回は、新しいバッテリーに交換することで正常に起動し、充電もしっかり出来るようになりました。やはりバッテリーの劣化が原因だったようです。ほかの部分は特に不具合も見られなかったので、今後も長く使っていただけると思います!  

充電の減りが早いと感じるときはもちろん、充電できない、起動できないという場合でも、バッテリーの劣化が原因ということはよくあります!

「本体の寿命かな」と諦めずに、是非当店へご相談下さい!

当店ではバッテリーのほか、画面や充電コネクタ、バックパネルなどのパーツも取り揃えてXperia各機種の修理の対応をしております。故障の原因がわからなくても安心してお任せください!!

対応機種やお見積りはお気軽にお電話で(^^)/ご利用お待ちしております。

android修理ジャパン秋葉原店

【XZ1】膨張すると側面に隙間ができる【バッテリー交換】

長く使っているとバッテリーが膨らんで側面に隙間が空いてくることがあります。

電源を入れていると横から光が漏れてくるのですぐにわかりますね。  

早いところ交換しないと剥がれた液晶がどこかに引っかかったりして壊れてしまいます。

それでは新しいバッテリーを交換して行きましょう。 まず液晶を外してバッテリーを抑えているプレートのネジを外していきます。  

予想通りパンパンに膨らんでいます。

このバッテリーをとります。アウトカメラやスピーカ、基盤をとり外さないとバッテリーが取れないのが難点です。 この辺は慎重に。

 

隙間が埋まりました。

交換が終わったところです。 すっかり隙間が消えると気持ちいいですね。  

最終確認です。

タッチ操作、通話確認をして終了です。 幸い液晶は無事です。膨らんだままカバンの中に入れたりすると物が挟まったりして壊れたり、細かいゴミが液晶内に入り込んで汚れてしまいかねませんので、もし少しでも液晶が浮いてきたかな、と思ったら修理店にバッテリー交換をしましょう。  

次回予告

バッテリーの膨張はなぜ起こるのか、結構質問されることが多いので、次回は全てのスマホにリチウムイオンバッテリー自体の話をしたいと思います。