Android修理ジャパン 秋葉原店のスタッフブログです

android修理ジャパン
秋葉原店スタッフブログ

秋葉原店 ▶ スタッフブログ

Androidの修理は高い?

Android端末の修理費用の秘密に迫る。

日本で一気にシェア率を伸ばしているAndroidスマホ、かつての使いにくさは過去のものです。 ここまでユーザーが増えると、悩みの種は…壊れたときに修理ができるか?です。 実際、Androidスマホはメーカーやブランド、使用されているパーツもバラバラで 同じブランド、同じ発売日の他機種展開のモデルでも全く構造から異なっている場合がほとんど。 正直、修理をする人間からすると「もはや修理をさせる気がないな」と、感じるほど分解と再構築の手間がかかります。 なので大概の場合はメーカーに修理依頼を出すと、本体を新しいものに交換される「本体交換」になることが殆どです。 (一部、海外製スマホはメーカーでパーツ交換修理も可能なようですね) しかし、わざわざ郵送で送って、結果を待ちながら過ごすスマホが手元にない日々が考えられない一部のスマホ依存症、もしくは多忙な方には、その生活は宇宙へ飛び立つよりも難しいことでしょう。 そこで私達のような街の修理店を頼って頂く形にもなるのですが… おおよそ、お客様の関心事は修理費用ですよね。

修理費はどうやって決めている?

時折、お客様からのお問い合わせで、料金についてこんな質問を頂きます。

「Am○zonで数千円でパーツ売ってるのに?」

と… 確かに、そうですよね。 額面だけを見れば、パーツ単体で数千円で買えるものが修理店での修理費用になると、どうしてその金額になるの?と感じるのもわかります。 たまーに飲食店でもいらっしゃいますよね。 「素材費はこれくらいなのに、こんなにするんだー」と、言う方。 もし素材費だけで、ご飯を食べたければ、自分で作るのが一番です。 原価でご飯が食べられるなら苦労しませんから。 ですが我々のような修理店にも問題点はあります。 修理店によって大なり小なり修理費用に差があることで、お客様に疑問を抱かせてしまうのは確かな事実ですから。

価格差の秘密は技術と設備と在庫の確保

あまり語りすぎると、上司から「余計なこというな」と怒られそうですが 結論から言うと、通販で買うパーツ代と異なる価格や修理店ごとに価格が違う理由の根本は… ・パーツの仕入れ ・技術+人材育成コスト ・設備費用 この3つが大きいです。 例えば某通販サイトでパーツを買ったとしても、修理ができる人でなければ意味がありません。 また海外から発送されたパーツが届くまで、どれだけの時間がかかるかもわかりません。 そして修理に必要な道具が完璧に揃っていなければ作業すら出来ません。 これらを解決するために、修理店は日々努力をしています。 いつお客様がご来店されてもいいようにパーツを揃え、技術を養い、工具を揃える。 そのためにパーツの仕入れを行う部署では毎日のように検品と在庫の確保に奔走しています。 店舗では、お客様のご要望に応えるために確かな技術を会得する努力を怠りません。 スマホの構造の変化に合わせて、必要な工具を常に導入しています。 これが修理費用として、決して安くはない金額を頂く理由です。 不況が叫ばれる動乱の時代、皆様のお財布事情の厳しさは重々承知しております。 ですがそれは社会のひとくれに過ぎない技術スタッフも同じです。 その中で、どうすればより満足度の高いサービスを提供できるか。 日々考え続け実行してまいりますので、お困りの際はお気軽にAndroid修理ジャパン秋葉原店までご相談下さい。

Xperiaのカメラボタンで行う動作を変更。

カメラボタンの使いみち、微妙。

Xperiaといえば、カメラ。 力の入れようは初代XperiaZから最新機種Xperia1 Ⅲまで脈々と受け継がれています。 写り、操作性、その全てが今や一大カメラブランドにもなったSONYの実力を感じるもの。 Xperia1シリーズではカメラUIもSONYのαシリーズに近いものになり、一層のことカメラ機能に力を入れています。 (昔はαっていうと、コニカミノルタだったんですけどね) しかし、一点気になるところがあります。 それは

カメラ専用ボタン

これはカメラアプリを起動するボタンでもありますし、カメラシャッター用のボタンでもあります。 中々珍しいのはシャッターボタンとして「半押し」が出来ること。 普通のスマホのカメラではオートフォーカスの合焦点も自動で判定されますが… Xperiaでは普通のカメラと同じように、カメラボタンの半押しでAFを開始、押し込むことでシャッターを押す。 このカメラらしい動作が出来るのも、人気の一つではないでしょうか。 しかし、このカメラボタンの機能は ・標準カメラアプリの起動 ・シャッター 主にこの2つに限られており、わざわざ物理ボタンがあるのにも関わらず かなり割り切った仕様になっています。 やはり「それでは、どうなのか?」となったのかは知りませんが… 最新機種に近付くほどカメラボタンの自由度は上がっているそうです。が! 自由度、ほしいですよね。 特に少し古い機種では、カスタムの幅も限られます。 カメラボタン、変更してみましょう。

今回はXCompact(SO-02J)で検証


その少し古い機種、今回はXCompactを使用します。 2016年発売なので、もう5年前の機種になるんですね… XZシリーズに隠れて、あまり注目されない機種ですが当時XZと同世代のコンパクトでは唯一のモデルでした。 (初代XZはコンパクトモデルがありませんでしたから) XZがフラッグシップ扱いなら、XCompactは廉価版 今で言うXperia Aceのような感じでしょうか、SoCも控えめです。 で、実際カメラボタンの使い勝手はどうなのかというと…

位置が絶妙に、邪魔

…です。 写真では左手で持っていますが、右手でも同様に絶妙で… スグに押せる=勝手に押しちゃうを地で行くポジションなんですよね。 かと言って長押しをしない限り勝手にカメラが起動することもないのですが…

これが…

また絶妙に…

長い時間、握りしめたいときに邪魔な場所にあるんですよね それに個人的に気になるのはカメラボタン長押しで起動するのは Xperia標準のカメラアプリだけ Xperia1シリーズでは違うカメラアプリの起動も設定出来るのですが… 古い機種では叶わぬ夢です。

じゃあ、ボタンのカスタムをしましょう。


https://play.google.com/store/apps/details?id=flar2.homebutton 今回使用するのはButton Mapperです。 Androidスマホについているハードキーの役割をソフトで変更するアプリです。 root化などの煩雑な作業が必要ないので、なかなか便利。 DLが終わったら、ササッと作業です。 まず アプリを起動したら、権限を与えてあげます。 これはアプリで本体の動作を制御する際に、必ず必要になります。 なのでスイッチをONに そうすると仰々しいポップアップが出ますが、これもOKを選択しなければ先には進めません。 一応、同意出来る方だけOKを押して進んで下さいね。 (大丈夫だと思いますけど、念のため)   そしてアプリの画面に戻り ・カメラボタン ・音量ボタン ・ヘッドセットボタン この項目の中からお目当てのカメラボタンを選択 そうすればカメラボタンのカスタム内容を選択する画面に移動します。 カスタマイズのスイッチをONにして… 自分の好きなアプリケーションを指定すれば 標準のカメラアプリ以外を即時起動出来ますし… 長押しのアクションに「何もしない」を登録すれば 長時間握りしめるコンテンツを視聴時も、誤動作しません。

はい、便利。

  もちろん、音量ボタンに割り当てるアクション、アプリも指定可能なので カメラボタンだけではなく、全体的に快適な操作を実現できます。  

機種変時の注意点!Android→iPhoneデータ移行できるもの。

iPhoneに機種変更したい!データは移行できる!?

デザインやスペック、それぞれお客様の好みに合わせて新機種を選んでいるかと思いますが、 そもそもAndroidからiPhoneへ機種変更したい場合データは移行できるのか? 当店にも機種変更の事でご相談にご来店されるお客様も多くなってきております。 その中でお問い合わせの多いのが「iPhone」と「Android」どっちにしたら良い?別の端末でデータの移行は可能? そんな疑問が多く寄せられます。 今回は「iPhone」と「Android」の特徴をご案内するとともに「データ移行は可能か」の疑問にお答えしておこうと思います。
機種変の前に理解しておきたいiPhoneとAndroidの特徴
まずはそもそもiPhoneとAndroidでは何が違うのか!?
ここでは簡単にご説明いたします。

OSの違い

iPhoneとAndroidではそもそも搭載されている「OS」が異なります。 Apple社が提供している端末は「iOS」でありGoogle社が提供している端末は「AndroidOS」となっています。 iPhoneやiPad、iPod、iMacといった端末はAppleが自社で開発している端末でそれ以外は存在しません。 反対にGoogleは様々なメーカーにOSを提供しているので各メーカーで独自の端末が開発・販売されております。 バリエーションで言えばAndroid端末の方が断然多いのでデザインやスペック面では選択肢の幅がかなり広がります。

iPhoneの特徴

iPhoneの特徴としてまず「使いやすさ」があります。 スマホを使用するにあたって必要最低限のアプリはオプションで搭載されている為、 Apple社が開発しているOS・端末の為、現在発売されているiPhoneのどの機種も基本的な操作方法に変わりはなく、 恐らく今後発売されるであろうiPhoneも操作方法に変わりがないと予想される為、 スマホ入門としても選び安い機種となります。 ただし、SDカード等を挿し込むスロットが搭載されていない為、 データのバックアップには基本iCloud又はPCに保存する方法しかないのでバックアップ方法にに抵抗があるユーザー様もいます。 その為本体内部ストレージの保存領域の容量にいくつか種類を出して販売しています(16GB~512GB) 用途によって容量が選択できるのもiPhoneの特徴です。

Androidの特徴

Androidの特徴としては「自由度」の高さが上げられます。 上記でも述べたように様々なメーカーが独自の技術で端末を展開しているので、 デザインやスペックなどバリエーションが豊富で自分の好みに合った端末を選べるのが魅力です。 ただし、メーカによって端末の仕様が変わる為、基本操作などはバラバラです。 必要なアプリは別途設定が必要だったり、アプリをダウンロードしなくてはならない物も存在します。 その分設定などの自由度はiPhoneとは比べられないくらい豊富で「自分専用機」としてカスタマイズが可能です。 また、androidの殆どの端末はデータの保存領域は一律の容量で固定されておりますが、 別途SDカードを挿し込める為、大切なデータをSDカードに保存しておくことが可能です。 iPhoneが初心者向けならandroidは玄人向けの仕様になっております。  
両端末間でのデータ移行。出来るもの、出来ないもの
お客様の好みによって使いやすい、使いにくいは様々。 Androidを購入したが使用しづらいからiPhoneに機種変したい。あるいは逆のパターンで機種変を検討されている方も多いかと思います。 その際に重要になってくるのが両端末間でのデータ移行ではないでしょうか? 今回はデータを移行出来る物、出来ない物を簡単にご案内させて頂きます。

データを移行出来る物

両端末で移行できるデータは以下 ・連絡先 ・カレンダーの予定 ・写真、動画 ・音楽 ・メール ・メモ

データを移行できない物

データの移行が出来ない物は以下 ・SMS ・MMS ・iMessage ・キャリアメール ・ボイスメモ ・iPhoneアプリのデー ※ゲームのデータは提供しているメーカーによって移行可能な物も御座います。 ゲーム内のヘルプなどを参照してください。   上記をしっかりご確認頂き機種変更をご検討頂ければと思います。  
自分にあった端末を選びましょう。
はじめにも書きましたが、 スマホを選ぶ上で大切なものは人それぞれ。 使いやすさだったり、スペック、デザインで選ばれる方も多いと思います。 最近では各ケータイショップや家電量販店では実際に触ってお試しができる実機が置いてあります。 どれが良いのか悩んでいるお客様はお店に足を運び実際に実機を操作してみるのが良いと思います。 分からないことは専門のスタッフさんに聞いてみるのもありです! ネットで購入したは良いが実際イメージと違ったなんてことはよくあります。 決して安くはない買い物になるので一度手に取りお客様にあった端末選びをしましょう。

秋葉原店は本日も通常通り営業中

年中無休の修理屋さん

iPhone修理ジャパン秋葉原店は本日も変わらず11~20時まで営業しております。 iPhone・iPadの故障でお困りの際はぜひお立ち寄りください。  

iPhone修理ジャパン秋葉原店は

駅からすぐ

秋葉原駅中央改札から徒歩3分ほどの駅近に位置していますので、お客様のご利用しやすい環境になっております。 駅からの詳しいルートはHPのほうに掲載されていますのでアクセスのほうからご確認ください。 https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/akihabara/  

修理が早い

当店では即日修理を行っております。 そのため、お仕事で使われている端末の修理などの急な修理が必要な方にもオススメできます。 もちろん早いだけでなく、丁寧な仕事のできるスタッフを揃えておりますのでご安心ください。  

補助グッズも充実

「よく端末を落としてしまう。」そんな方向けにオススメしたいのが保護フィルムとガラスコーティングです。 保護フィルムに関しては皆さんご存知だと思いますが、ガラスコーティングはどうでしょう。 これは液体ガラスを画面に直接浸透させることで画面自体の強度を上げるものです。 フィルムより強力ですのでぜひお試しください。  

たくさんのご来店お待ちしております。

【もはや構造上の欠陥】Xperia XZPremium充電できない問題

スマホによく起きる充電不良

スマホに付き物の充電の反応がなくなってしまう故障。これはどのスマホでも起こり得る症状です。充電ができなくなってしまうといずれバッテリー切れを起こしてスマホの電源が入らなくなってしまうので厄介です。 その中でもこのXZPremiumという機種は特殊な充電不良が起こる機種です。特徴としては、ケーブルを挿しても反応がないのに本体背面のロゴ(写真参照)を指で強めに押すと反応するというもの。 そしばらくするとまた無反応になってしまいます。 何度押しても継続的に充電してくれません。

普通は充電口のパーツ交換だが...

最初はケーブルを差す部分が傷んでいるのかと思い、パーツ交換をしてみましたが、症状は一向によくなりませんでした。ということはこの充電口を接続する方の基盤に問題があることになります。 それならば基盤を見ていきましょう。  

原因は基盤側のハンダが割れたことによる接触不良

さっきの背面ロゴのちょうど下にこの白いコネクターがあります。ここが充電口をつなぐところです。しかしこの接続部分のハンダ付けが結構な確率で割れてしまうのです。割れると基盤側から少し浮いてしまうのでなかなか充電が反応しないというわけです。そこで背面パネルの上から押すとその時だけ接触して一時的に充電の反応がするといった具合です。  

再度はんだ付けしよう

こうなったら再度はんだ付けをする他ありません。というわけで下の写真のようにこの白い接続部分の側面(はんだ溶接部分)にハンダを足しながら熱していきます。細かいですね...ダマになるとうまく起動しなくなってしまうので慎重に。  

できたら充電テストしてみる

顕微鏡で見てひび割れが無くなってちゃんと溶接されていることが確認できたら、筐体に戻して充電をしてみます。 何度かケーブルを抜き差ししてみて、途中で反応が途切れたりしないかどうかをチェック。成功ですね、スムーズに手を離したままでも充電してくれています。  

このまま満タンになるまで放置してみる。

翌朝見てみると正常に100%まで満充電されていることが確認できました。これでひとまずは安心です。  

構造上の問題がこの症状を引き起こす。

なぜこんなに充電不良がこの機種に多いのかというと、充電コネクターの配置に問題があります。 差し込み口には電話の左側にあるような小さなパーツが入っています。これにケーブルがつながると充電が始まるようになっていますいます。そして厄介なのが、このパーツを基盤側に接続する側です。 実はこのパーツで基盤を挟み込むようにUの字に折り曲げて基盤側に接続しています。なので常にまっすぐに戻ろうとする力がかかった状態になって次第にハンダが割れてしまうのです。よく見てみると持ち上がって斜めに接続されているものもあるんですよね...。一応上から押さえの蓋をしてねじ止めされているのですが、それでも持ち上がってしまうようです。 構造上の問題なのでどうしようもありませんからこれからも使っていくうちに同じような修理は何台も増えていくとでしょう。症状が酷い場合は一週間ほどお預かりする場合がございますが、どうしてもお困りの方はご相談くださいませ。            

XperiaZ5の画面が割れてタッチが出来ない本当の原因は?

XperiaZ5の画面が割れてタッチが出来ない本当の原因は?

どもどもAndroid修理ジャパン秋葉原店スタッフです。 Xperia1シリーズの台頭もマーク2が出てからというもの目覚しいものがありますが。 最近はXperiaXZ系統のXZ1やXZpremiumの修理が多くなってきましたが、XperiaZ系の寿命も長く、未だに人気機種なんだと感じる昨今。 来ました、Z5の画面割れでタッチが出来ないという御依頼です。

Xperiaは画面割れでタッチ不良に陥る物が多い

他のスマートフォンに比べ、XperiaのZシリーズはガラスの破損でタッチが効かなくなりやすい、と感じます。 その原因の一つにSony XperiaZシリーズでは薄く、発色の良い液晶が採用されていて、これが他のスマホに比べて薄い事、技術力の高さを伺える品物です。 恐らく、薄型軽量のために液晶パーツに力を入れているものと思われます。 Sonyは代表的な製品に映像素子や液晶分野がありますから、納得といえば納得。 しかし耐衝撃性に関しては...中々に難しいものがありますね。

しかし今回の修理は、話が違う

なので、今回も 「ガラス割れとタッチ不良はセットになりやすいですからね」 と説明はしたものの、背面から分解を進めていくと雲行きが怪しくなります。 そう、それは水没の可能性を示唆する基板の腐食です。 XperiaZ5に関しては充電端子付近の基板に液晶と充電用のコネクター受けがあります。 ここは通常、マナー振動用モーターと外部スピーカー、指紋認証センサー...とにかく色々と固定するプラスチックで覆われている部分なんですが、ここを開けてみると... 写真のように白い水垢のようなものが...これが基板の腐食です。 写真中央部の外されたコネクターが充電用のパーツ。 そのすぐ隣、奥に見える銀色の端子が液晶、タッチセンサーのコネクターですが...

コネクターの焦げ、発見

通常、端子で繋がっているコネクターは端子が全て綺麗に金色に見えていることが求められます。 接点、ですからね。これが汚れていると上手く電気が通りません。 先程の充電用の端子も半ば溶けている箇所がありますが、液晶用の端子も右端の部分に黒く変色した箇所があり、影響の大きさを物語っています。 むしろこの状態で落としてガラスが割れるまで動いていたという方が奇跡 精密機器の気合、たまにあるんですよね、既成概念以上の実力を見せる場合が...

こうなってしまうと、即日修理は難しい

パーツ交換で直らない場合、次に考えるのは基板自体の修理です。 ですが、基板修理ほどの更に細かい作業となると即日でお客様にお渡しは難しいです... 今回は基板修理も御案内させていただきましたが、お客様の希望でデータの移行にシフトすることになりました。

Androidの強いところ

液晶表示が出来ていても、この状態ではタッチパネルは依然として反応しません。 つまりロックの解除も操作も出来ない状態にあるわけです。 そこでAndroidの強みを生かして、外部アクセサリーを使います。 AndroidではOTG機能が標準で搭載されているので、様々なアクセサリを使用できます。 SDカードリーダーや、無線通信機。マウスやキーボードも使えます。 なのでマウスでパソコンのようにカーソルを使用してスマートフォンを操作することも可能。(一部の機種を除く) 仮にタッチパネルが使えないとしても... 写真のような充電端子(microB/type-C)からUSB端子に変換するケーブルを通せば、有線マウスを直接Xperiaのロック解除やバックアップが可能になります。 ここでポイントになるのは有線のマウスが必要というところですが... 変換ケーブルも、有線マウスも1000円以下で手に入る物なので、データを思えば大きな出費ではないはずです。 そんな感じで、ご説明をしてお引き渡しとなりました。 水の影響は怖いですね... お困りの際はAndroid修理ジャパン秋葉原店まで御相談下さい。