Android修理ジャパン 秋葉原店のスタッフブログです

android修理ジャパン
秋葉原店スタッフブログ

秋葉原店 ▶ スタッフブログ

Xperia XZ premiumのバッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店スタッフTです。


今回は、Xperia XZ premiumのバッテリー交換をご紹介いたします。




お持ち込みいただいた時点で、端末の電源は切れている状態でした。

お客様は以前から「電池の持ちはあまり良くない」とは感じていたようですが、仕事中や日中の出掛けている時間は特に問題なく使えていたためバッテリーの劣化はそれほどは気にしていなかったそうです。それが突然、寝る前に充電器に繋いでおいたはずなのに朝見たら0%のままで起動していないので、さすがに不安になったということでお持ち込みいただきました。

 

まずは端末の状態を確認します


お持ちいただいた端末を充電器に繋いでみると、しっかり充電中になります。コネクタ部分を少し動かしてみても充電は途切れないようなので、コネクタ部分は正常に働いているようです。しかし、しばらく充電中のまま置いてみてもバッテリーの表示は0%から増えていきません

おそらくバッテリーの劣化で蓄電ができなくなってしまったのだと考えられますので、バッテリーを新しくすることで今後も問題なく使っていただけると思われます!



 

早速、バッテリー交換をしていきましょう


Xperiaの端末の開け方は機種によって違いますが、今回のXZ premiumはバックパネル側から開きます。



まず端末ごと温め、特に背面の粘着を弱めてからバックパネルと本体の間を丁寧に少しづつ離していきます。バックパネルと本体は粘着テープのみで付いていて、ネジで止まっていたり、ケーブルが繋がっていたりすることもありません。比較的、障害が無く作業が進められる部分と言えます。それでも、端末内部のケーブルやカメラなどほかのパーツを傷つけてしまう危険もあるので注意して、慎重に行います。



端末本体からバックパネルが取り外せたら、本体側内部のネジを外します。そして各コネクタやパーツを覆っている黒いプラスチックのカバーを外し、バッテリーおよびそのほかのコネクタを外しておきます。

バッテリーを貼り付けているテープの端が基板の下に隠れているので、コネクタやパーツに注意しながら基板を取り出します。



さらにバッテリーの上に配置されているケーブルを剥がしてよけておけば、バッテリーを本体から取り出すことができます。そして新しいバッテリーに交換します。

あとは今までの作業を逆の順で辿り元通りに端末を閉じるだけです。

バッテリー上のケーブルを戻し、基板とパーツを取り付け、それぞれコネクタを繋げて、いくつかの小さなカバーとネジを付けます。元通りにしていく単純な作業ではありますが、スマホに入っている膨大な量の技術が所狭しと配置されているので、一つでも位置が違えば元には戻らなくなってしまうでしょう。取り外しの際に、位置や向きをしっかり確認しておき、そのあとの作業がスムーズに出来るように並べておくと安心です。


圧着して、動作確認して、修理完了!


最後にバックパネルを粘着テープで固定し圧着します。Xperiaは粘着テープのみで端末が閉じられていて、iPhoneのようなネジや引っ掛かりもありません。そのため今後の使用中に外れてしまったり浮いてしまったりすることがないよう、しっかりと圧着します。ただ、縁がとても細いので、画面や他のパーツを破損しないようちょうどよく圧力の調整が大切です。

起動・充電の確認、そのほかの機能の動作チェックを行い修理完了です!

 

今回は、新しいバッテリーに交換することで正常に起動し、充電もしっかり出来るようになりました。やはりバッテリーの劣化が原因だったようです。ほかの部分は特に不具合も見られなかったので、今後も長く使っていただけると思います!

 

充電の減りが早いと感じるときはもちろん、充電できない、起動できないという場合でも、バッテリーの劣化が原因ということはよくあります!


「本体の寿命かな」と諦めずに、是非当店へご相談下さい!


当店ではバッテリーのほか、画面や充電コネクタ、バックパネルなどのパーツも取り揃えてXperia各機種の修理の対応をしております。故障の原因がわからなくても安心してお任せください!!


対応機種やお見積りはお気軽にお電話で(^^)/ご利用お待ちしております。


android修理ジャパン秋葉原店