Android修理ジャパン 秋葉原店のスタッフブログです

android修理ジャパン
秋葉原店スタッフブログ

秋葉原店 ▶ スタッフブログ

Xperia XZ1 バッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン秋葉原店スタッフTです!


今回は、Xperia XZ1 のバッテリー交換をご紹介いたします。


お持ちいただいたエクスペリアは中古でご購入されたもので、使い始める前にバッテリー交換をしたいというご依頼でした。

外見は非常に綺麗な状態で、機能については買う前に一通り確認させてもらって納得のできる端末だったということです。ただバッテリーについては、どんなに丁寧に使っていた端末でも使用年数やアプリ、使い方によって劣化状態は変わってしまいます。

消耗品であるバッテリーを新しいものに交換して、”新しい端末”としてこのXperia XZ1を使い始めたい!

というお客様のご希望に添えるよう、早速バッテリー交換を始めましょう!

 

画面側から端末を開く


今回ご依頼の機種Xperia XZ1 は、画面側から端末を開ける構造になっています。

画面と本体の間の粘着をはずしながら、本体から画面を少しづつ離していきます。液晶や本体内部に傷をつけたり破損したりしないよう慎重な作業になります。同じく画面側から開ける機種ではXperia XZ がありますが、画面のケーブルの配置や繋がり方は異なりますので注意しましょう。



外枠の粘着を全てはずして画面を持ち上げられる状態になったら、画面左側から少し開いて内部を確認します。

バッテリーや基板はパネルで覆われている為まだ見えていない状態です。バッテリーの劣化が進んでいると、画面にまだ影響が出ていなくてもこの内部のパネルだけ押し上げられていることもあります。今回の端末はバッテリーの膨張はしていないようなので安心しました。

ケーブルが繋がって黒いプラスチックで覆われているのが画面のコネクタです。このコネクタをはずして、画面を取り外します。

 

基板を取り外す


画面をはずしたら、固定しているネジをはずして内部のほぼ全体を覆っているパネルを取ります。

そうするとようやく基板とバッテリーが現れます。



バッテリーテープの先が基板の下にあるので、バッテリーをはずす前に基板を取り出す必要があります。そのために基板の一部を覆っているプラスチックカバーやスピーカーをまず取り出します。

そしてバッテリーのほか接続されているコネクタが全て外してあることを確認してから、基板を動かします。

基板は端末本体にピッタリと納まっているので、フレームとの隙間から少しづつ持ち上げながら動かしていき基板全体を浮き上がらせます。

フレームやケーブルなどに引っかからないよう注意しながら、慎重に基板を取り出します



 

新しいバッテリーに交換する


あとは、基板の下に隠れていたテープの先から粘着をはずしたら、バッテリーを取り出すことができます。

新しいバッテリーに交換し、基板とそのほかのパーツを元通りに端末内部へ戻していきます。エクスペリアは、ネジの数も種類もそんなに多くないので、留める位置で混乱することはあまりないと思います。ですが、基板やバッテリー、そのほかのパーツが上下、左右、厚さも含めて立体的なパズルのようにピッタリと端末に納まっているので、正確な位置に正確な順序で戻していくことが求められます。



コネクタを全て接続し、画面まで元通りに組み立てが終わったら、圧着と動作チェックを行い修理完了です!

 

当店では、エクスペリアのバッテリー交換も即日対応しております!


電池の減りが気になっていたり、膨張で画面やバックパネルが浮いてしまったり、お困りでしたら是非ご利用ください!


スマホが起動しない、充電できない、というような非常に不安な端末状態でも、バッテリーの劣化が原因ということもありますので是非ご相談下さい(^^)/


そのほか画面や充電コネクタなどの修理も承っております。対応機種やお見積りはお電話でも受付しております。お気軽にお問い合わせください♪


ご利用お待ちしております!android修理ジャパン秋葉原店