Android修理ジャパン 池袋店のスタッフブログです

android修理ジャパン
池袋店スタッフブログ

池袋店 ▶ スタッフブログ

エクスペリアの画面が浮いてきた?!解決できる対処法とは?

「急に画面が浮いてきたのですが、直りますか??」

 

画面浮きのご相談

スマホの画面が浮いてしまった!というご相談は、よくいただくお問合せの1つです。 iPhoneなどほかの機種でもよくある状態ではありますが、中でもエクスペリアのお問合せが多いように感じます! 今回はこういった場合の原因や対処法を、XperiaXZの内部写真とともにご紹介したいと思います。  

画面浮きの原因:エクスペリアはほとんど粘着テープのみで閉じている

まず、エクスペリアはそもそも画面が浮きやすい構造の機種が多いです。 その理由はずばり、粘着テープのみで閉じていることです! もちろん画面と本体はケーブルでも一部繋がっていますが当然のことながら少し長さに余裕があり、実際に”閉じている”のは粘着によってのみです。なので、この粘着が外れてしまえば画面は意外と簡単に浮いたり外れたりしてしまいます。 例えばiPhoneであれば、機種によってやはり粘着テープも使っていますが、ほとんどの機種で画面とフレームの間にひっかかりがあり、下部はネジでも固定されています。 最近のスマホは大画面と持ちやすさを兼ね揃えようとして、おおまかに見ると同じようなデザインになりつつありますが、iPhoneとXperiaを比べると実は構造的には根本的な大きな違いがあったのですね。 それを考えると、エクスペリアの画面浮きのご相談が多くなるのもやはり納得ができます。  

画面浮きのきっかけ

端末を落としてしまった、ぶつけてしまった

おそらく一番多いのは、Xperia端末を使用中や持ち歩いている最中に落としてしまったときでしょう。もしくはギリギリセーフで地面には落ちなくても、机やイスにぶつけてしまったりすることもあるでしょう。 スマホに衝撃があった場合、普通に考えれば画面が割れてしまったり、フレームが歪んでしまったりというほうが想像がつきやすいです。ですが、衝撃や圧力の加わり方によって、もしくは画面と本体の間の粘着自体が弱まっている状態であれば画面が浮いてしまうこともよくあります。 見た目の驚きは、もしかしたら画面が割れてしまうことよりも大きいかもしれませんが、ほかの部分への影響や対処を考えてみると”壊れた”のではなく”外れた”という割とシンプルな状態だと思えてくるかと思います! 画面が浮いてしまうのも困り物ですが、それ以上に画面割れやフレーム歪み・破損に至らなかったことは不幸中の幸いと受け止めて気持ちを落ち着かせることも大切ですね。   【主な対処法】 ・外側からマスキングテープやセロハンテープで留める(応急処置のみですが、、、) ・修理屋さんに相談して対処してもらう

【予防策】

・Xperia端末を注意深く扱う

・クッション性の高いケースに入れる

・ネックストラップなどを付けて落下を防ぐ

 

バッテリーの膨張

落としたりぶつけたりということが無ければ、次によくある状態はバッテリーの膨張によるものかと思います。 XperiaXZのバッテリーは、端末の大部分を覆う銀パネルの下(背面側)に位置します。リチウムイオン電池が劣化により膨張してしまうと、この銀パネルをまず押し上げます。そしてその力が、そのまますぐ上の画面に作用して押し上げてしまうと、端末外側から見て画面が浮いた状態になってしまいます。 経年劣化や使い方でバッテリーに負担がかかると膨張してしまうのはリチウムイオン電池の宿命とも言えるものです。 そうであれば、膨張しても画面まで影響がいかないように作ってもらえないものか??
メーカーに代わって”勝手に”方法を考えてみました!
・粘着テープを強くする、ひっかかりやネジを使って今以上に画面をしっかり固定する →確かに画面浮きは無くなるかもしれません。ただ、それでもバッテリーの膨張は起こり得るのでその圧力はやはり画面か、もしくはバッテリー自身に向かう可能性があります。 そうなると、画面は押されても動かない代わりに割れてしまったり、バッテリーの外装が破けてしまったりという状況も考えられます。画面が浮くことで、圧力の”最適な逃し方”になっていたようです。 ・端末を分厚くして、バッテリーが膨張しても余裕あるスペースを確保する →確かに画面浮きは無くなるかもしれません。ただ、やはり端末内部でバッテリー膨張が起こっている可能性はあります。画面に影響が出ないため、”気づくのが遅くなる”こと、”バッテリーの膨張が進む”ことが考えられます。 バッテリーの膨張が進むことで、やはり外装が破けてしまったり、最悪の場合は破裂してしまう恐れが出てきます。画面が浮くことで、持ち主は早めに異変を察知できていたようです。 ・リチウムイオン電池の改善、もしくは新しいバッテリーを導入する →”携帯電話”とその電池は、やはり持ち運びやすいサイズで、短くても丸1日は使用できる必要があり、もちろん各メーカーが改善のために既に力を入れていることでしょう。スマホ端末のみならず、日常生活の大部分で電力を使う現在、エネルギーの供給方法は世界中で研究・開発が行われています。是非、安全で継続的な電池、そして発電方法が開発されることを期待しています! ※学生時代は電池の基礎研究をしていたので、この辺り大変興味があり、語り出したらキリがありません(^_^;)   【主な対処法】 ・修理屋さんでバッテリー交換を依頼する

【予防策】

・電池の劣化を感じたら早めにバッテリー交換しておく

・充電しながら使わないようにして、蓄電と放電を分けることでバッテリーの負担を軽減する

・充電器はメーカー純正の物を使う

  今回は、スマホの画面浮きで多い原因、またその対処法をご紹介しました。 実際のところ、衝撃によってなのか、バッテリー膨張によるものなのか、端末外側では判断が難しいものです。 どちらにしても放置には気をつけましょう! 画面浮きに気づいたら早めにお使いのスマホのメーカー契約しているキャリア、もしくは近所の修理屋さんに相談してみることをオススメします(*^^*)

地味に困る!機種変更時に電話帳で文字化け。

地味に困る!機種変更時に電話帳で文字化け

いよいよスマホに機種変更をしないと... 新しいスマホにしようかな... 格安SIMでの利用に切り替えてSIMフリースマホへ変えよう そんな時、地味に困るのが電話帳の移行作業ではないでしょうか。 クラウド全盛の昨今においても...ガラケーからスマホへの移行は直接的なデータ移行が殆どです。 また「正直クラウドってなんですか?横文字ばかり使わないでください」というような、デジタルネイティブなんて真っ新御免という方も少なくありません。

一番簡単な方法はGoogleアカウントでの移行作業

たとえばGoogleアカウントを引き継ぐ形で新しいスマホへ乗り換える場合であれば、電話帳の移行は半ば自動的に進みます。 これが一番確実で、かつ簡単な方法になるわけですが...たとえば、電話帳のデータをSDカードを経由して新しいスマホへ移行する場合... 日本製、海外製、発売年、ブランドによっては 盛大に文字化けを起こす可能性があります。 比較的データ移行の難易度は、手段の数からいっても自由度が高いAndroidスマホですが...この自由度が壁になるケースは少なくありません。

なぜ文字化けを起こすのか?

先程、どの年代に、どこで製造されたのか?が重要になるような書き方をしていますが、ここが一番のポイントになってきます。 というのも、私たちが使っているスマートフォンにも基礎となる「文字コード」というものが存在し、あくまで表面上は日本語で表記されていても内側の基礎となるコードは全く違うもの、なんてことがあります。 簡単に例えると...現地の言葉が得意な外国人本場の現地人くらい、基本となる物に差があると思ってください。 ネイティブかどうか、くらいの感じです。 ガラパゴス携帯の色が強く残る世代のスマホ、スマホとガラケーが共存していた時代は特に顕著でした。 そのころに主に使われていた文字コードは「Shift_JIS」というもので、多少聞き馴染みのあるJISという表記が含まれているように日本特有の物になります。JIS規格ってやつですね。 (細かいことをいうと正確にはJIS規格ってわけでもないらしいですが...) このShift_JISという文字コードは古めかしいパソコンの時代から使われていたものでキーボードから入力したアルファベットを日本語に効率よく変換するためのものです。しかし、このShift_JISもスマートフォンの時代になり、海外との境目が無くなりつつある現代において互換性の観点から段々とUnicode(UTF-8)というグローバルな文字コードへ置き換わって行きます。 そこで古い日本製のスマホではShift_JIS 新しい世代のスマホではUnicode UTF-8 という国と世代間の相違が生まれました。 それだけで文字がおかしくなっちゃうの?もっと賢い機械じゃないの?と感じる方もいると思いますが… 例えて言うなら(あくまで例えですよ) Shift_JISでは「01」というコードに「あ」が割り振られているのに対し Unicode UTF-8では「01」というコードに「$」などが割り振られている 基本となる物がすっかり変わってしまっているわけですから… この相違でShift_JISの端末で入力、保存された電話帳をUnicode UTF-8の端末に移すと文字化けを起こすわけです。

文字化けを直す方法は

Androidの文字化けの原因が分かった所で、今度はその直し方です。文字コードの直し方なんて分かる気がしない...そんな方でも基本さえ押さえれば誰でも出来ます。 難しいようで難しくない、少しだけ難しい方法。 (いつぞやのラー油みたいですね) 方法には二通りありますが、どちらも基本は文字コードの変更が目的です。 そこで使う道具がパソコンを使うか、スマホ単体で頑張るかというだけで、個人的にはパソコンに慣れている方には、パソコンを介して文字コードを変更するのがオススメです。 まず電話帳が入っている端末から、バックアップデータとして電話帳を抜き出します。 ガラケーからの場合はmicroSDカードへ電話帳のデータを移すのが確実。 これは機種により方法が異なるので、説明書、もしくはメーカーのHPで確認を頂ければと思います。 スマートフォンの場合は電話帳もしくは連絡先のアプリから設定アイコンを押し「インポート/エクスポート」の項目からエクスポートを選択しmicroSDカードへ拡張子.vcfのデータとして移します。 この.vcfデータが入ったSDカードをパソコンに読み込ませる またはSDカードなどが無い場合、メールで.vcfデータをパソコンへ送ります。 そのあとパソコン上の分かりやすい場所に保存した.vcfデータの拡張子を.txtに変更しテキストエディタで一度開きます。   開いた後は何もせずに[名前を付けて保存]を選ぶと出てくる保存のオプションの中に[文字コード]という項目があるので、それをUTF-8に変更して保存したあと、更に拡張子を.vcfに変更。 あとは新しいスマホに.vcfデータの入ったSDカードを挿すか、パソコンからメールに.vcfファイルを添付して送りスマホ側で読みこめば完了です。 これで正しい文字コードでスマートフォンに読み込ませ文字化けのない素晴らしい電話帳の出来上がりです。 パソコン上に一度.vcfデータを移すので、それを別で取っておけばスマホになにかが起きてもバックアップとして機能します。 (電話帳が無くなると困るのは、文字化けで経験しているはずですからね) 文章にすると多少ややこしいですが、ここまでの工程は簡単に言えば「保存、形式を変えて再保存、読み込み」この3つしかやっていませんから、大した苦労はないはずです。 最近のスマホではなかなか起こらないことではありますが、格安SIMなどの利用で充分なサポートが受けられない場合に地味に困る文字化け。 電話帳が記号だらけになってしまった…そんなときは以上の方法を試して見てください。  

Android搭載スマホのトレンドはどうなる?

Android搭載スマホのトレンドはどうなる?

どうも、修理よりも 「スマホがどうなっていくのか?」 が気になる池袋店スタッフSです。 いや、もちろんandroid端末の修理にも 興味がないわけではありません。 ただ修理の道は、最新機種の道でもあるわけで... と言い訳をしつつ、今回はandroidスマホのトレンドについて 調べながら書いていきます。

【iPhoneばかりが最先端ではない!現代のスマホ】

「そんなこと言って結局最後は」 ...いえいえ、そうでもありません。 最近のスマホは凄いんです。 皆さんも頻繁に耳にするようになったであろう 「5G」 次世代の通信規格として、大容量かつ高速なモバイルデータ通信が 可能と言われている、近未来の技術です。 この5Gにも厳密には実用試験中の周波数帯があるので まだまだ全域を惜しむことなく使う端末の登場は先ですが... いち早く5G対応をうたうスマホがあります。それは...

AQUOS R5G

といっても、実は海外の新興メーカーや アジア系のスマホベンダーは日本より早く何機種も発表しています。 ですが日本ブランドで5G対応スマホとしては... 先日発表されたソニー「Xperia1Ⅱ」よりも早い登場でした。 その分気合の入ったスペックで 最高峰の処理性能を誇るsnapdragon 865のバリエーションモデル 「snapdragon 865 5G」を搭載しています。 通信系チップを内蔵したCPUで、ネイティブ5G対応な上に 処理性能もクロックアップされているとのこと。 最新技術の黎明期には「既存品にパーツを乗せて対応させる」 なんて方法が普通な中で、搭載CPUから完全対応というのは やはり気合十分と言ったところでしょう。

【まだまだ続く、折りたたみスマホ】

galaxy Foldの登場も、まだ記憶に新しいと思います。 有機ELという薄く柔らかい革新的な液晶の発明が可能にした 折りたためるスマホ galaxy Foldが横開き、つまり 「大画面を折って持ち運ぶ」 というコンセプトだったのに対し、これからは... 「縦に折ることの可能性」 が主流になりそうです。 それを先取りしたスマホ、それは

Motorola Razr

噂から登場までが早い印象もあったRazrです。 日本でいうガラケー時代の名機を現代風にアレンジした いわゆるリバイバルってやつですかね? 端末のスペックは他のMotorola製スマホ同様に いわゆるミドルスペックに抑えてありますが... 高額になりやすい最新技術搭載スマホの中でも トップクラスで安いリーズナブルな価格も話題です。 もちろんデザインの再現度も名機を踏襲していて... ガジェットオタクにはたまらない、注目の一台ですね。 しかし…そこで黙っていないのは 先んじてFoldを発売したSamsungです。

galaxy Z Flip

ツイッターのトレンドでは 「ゲームボーイアドバンスSP」 と言われていましたが、Z Flipの凄いところは... 折りたためるガラス製パネル であること。 「どういうこと?」と思う方が殆どでしょう。 私もそう感じました。 曰く「極限までガラスを薄くすることで柔軟性を得た」 とSamsungは発表しています。 (一部テックメディアはガラスを含むポリマーだ、と言っています) ...兎にも角にも最新技術+最高スペックを求める人には 刺さりまくって仕方がないZ Flip 余談ですが、縦に折るスマホのネーミングトレンドは 「Z」が付く、感じになるんでしょうね...なるんでしょうか? そのあたりも興味深い点です。

【脅威の高画素、もはやデジタルカメラ?】

写真を撮るならカメラを持っていかなきゃ... と現代に言えば、もう時代遅れという目を向けられてしまうほど スマホのカメラは進化してきました。 ポケットに入って、ネットも出来る 更には綺麗に写る、となればそうなります。 しかし現状以上にカメラの性能を重視したスマホがあります それは...

Xiaomi mi note10 Pro

最近、日本に本格上陸した中華系スマホブランド製 某スマホに似た外観、ネーミングとは裏腹に... このスマホの特徴は、とにかくカメラがやばい そもそもカメラの搭載数が「5個」 カメラのルールでいうと5眼カメラ それぞれに近接撮影やズーム倍率の差など役割が分かれているわけですが... そのうちの一つ、これが驚異的です。

一億画素越え

108MP(メガピクセル) ガラケーのころ5MPで満足していた自分には... とんでもない、信じ難いスペックです。 数字や文字でみると何のことやらサッパリだと思いますが... 例えば街頭で見かけるポスター、柱の広告や壁面の広告で使われる写真 そんな写真に使われるカメラの画素数が凡そ同じくらいです。 (もちろん、画素数だけでみると、ですよ?) つまり、それだけの情報量を持った写真が... スマホサイズで撮れるとなると... 今後もやはり高性能カメラがスマホ全体のトレンドを引っ張っていくのでしょうか?   通信形式、姿かたち、カメラの性能etc... 様々なスマホのトレンドがこれからも現れるでしょう。 当店も、その波に遅れないように修理技術を磨かなければ...と思う次第です。 それでは、本日はこれまで!  

Xperia XPerformanceのバッテリー膨張 でご来店!!

android修理ジャパン池袋店スタッフDです!

今日はとんでもなくバッテリーが膨張したXperia XPerformanceの修理をご紹介します!

  お持ち込みの状態として、既にパネルが完全に浮き上がっている状態でした(-_-;) ここまで浮き上がっているXperiaは久しぶりです(;^ω^)                           作業する前に、一度背面を温める必要がありますが、今回は最初っから空いている状態でしたので すんなり開封出来ました(;^ω^) こういう時は修理屋目線だと非常に楽に修理出来るので、助かります(;´∀`)                          

開封後の画像です。

かなり膨れているのが、取り外す前の段階で分かりますね・・・・ ここまで膨張するまで耐えていたのが凄いです。                           X Performanceのバッテリーを外す際は、固定している5~6本のネジを外していきます。 バッテリーを外す際はコネクターを外して、固定しているテープを剥がせば取り外すことが出来ます。                           取り外した後の状態はこんな感じ。。。。 右が新品のバッテリーになります。 左が元々搭載していたバッテリーです。 比べて、より膨張の具合が分かりますね(-_-;) 全体的に膨れているというより、下の部分が膨れている様な感じです。 もう少しで爆発しそう勢いの見た目ですね・・・・・                           バッテリーを交換する前に、バックパネルの状態も見てみました。 黒い部分が粘着テープなのですが、ここに埃等のゴミが付着しています。 ここまで汚れていると元の粘着力がほぼ無くなっているので、付ける事ができません。。。。。 と言う訳で、テープを全て剥がして、新しい粘着テープを付ける事にしました。                           バッテリーの交換、粘着テープの張り直し、全ての工程が完了し、ネジも元に戻しました。 ではでは、早速起動確認を行いましょう。                            

問題なく起動しました(^^♪

この後は充電してしっかり%が増えるかどうか確認を行います。                          

スタートは50%から行って、10分少々で60%まで上昇しました!

充電回路も問題なく正常に充電出来ているので、これでチェックは終了です!                          

新しいバッテリーにしたので、膨張も綺麗に無くなりました(/・ω・)/

  膨張してしまうケースが多い例として、購入して3~4年以上経過している端末程、膨張している場合が多いようです。 バッテリーの寿命は2年程度と言われています。 今回のケースは4年間使用していて、膨張し初めても充電していたのが原因で、内部のガスが溜まってきたので原因でした。 少しでも膨張してきたら危険信号です! 最悪スマホが爆発するケースも世界には例があります。 異常を感じたら、迷わず当店にお持ち込み下さいね(;^_^A

XperiaZ5 バッテリー膨張修理でご来店!

android修理ジャパン池袋店です!

本日はXperiaZ5のバッテリー交換でご来店頂きましたのでご紹介いたします。

  お持ち込み時の状態は、端末の背面が少しばかし浮いている状態でお持ち込みされました。 よくある「バッテリー膨張」ですね(;´∀`) 最近のXperiaの端末は、バッテリーの品質の問題なのか膨張している端末が非常に多く、今回のZ5も重度ではない物の 多少の膨張が見られました。 使用していて4年程経過した事もあり、恐らく内部のリチウムが酸化して、それによりガスを発生させてい膨張させてしまった事が原因であると思われます。 では早速作業を行います。                       お決まりのホットプレートで背面を温めます。 決まってこの作業を挟んでいますが、実はこの工程がなくても背面パネルを開ける事が出来ます。 膨張していて背面が浮いているのであれば尚更必要としない工程です。 しかし、敢えてこれを行うのは、安全かつスピーディーに作業をする為です。 これをやるのとやらないのとでは、作業効率に大きく差が出てきます。                           背面を十分温める事が出来たら、パネルを取り外します。 膨張もしているので、剥がす前でもすでに剥がれ始めてくるので、作業に5分も掛かりませんでした。 ではでは、膨張したバッテリーを取り外していきます。                             右が取り外したバッテリーです。 左が新品のバッテリーになります。 見比べてみると、その差は歴然です。 膨張がそこまで膨れていないとはいえ、比べてみるだけでも違いが分かりますね(;´∀`) 取り外せた後は、新しいバッテリーを組み直します。                           android系全てに言えますが、バッテリーを固定しているのは、実は両面テープのみでくっ付いています。 もちろんプレートで固定している物もありますが、殆どの場合は両面テープで固定している場合が殆どです。                         起動確認を行い、その後は正常に充電されるか確認作業を行います。 バッテリーの不具合の場合、なかなか%が増えない症状や、充電されないと言った故障も考えられるので しばらく様子を見てみます。                               約10分後の状態です。 スタートが67%に対して、73%まで順調に充電されています。 ここまで確認出来たら、背面パネルを付け直して作業完了です。   全ての作業工程で、大体1時間程度で終了しました! この様な膨張したXperiaの修理も即日で対応しております。 料金など気になることがあれば、お気軽に当店にお問い合わせください!!

エクスペリアの修理に特化しているからこそ!

android修理ジャパン池袋店です。 当店はandroidスマートフォンの中でも エクスペリアの修理に特化しています。 それだけに、対応機種の修理には、時間・コスト・成功率という全体を考えたときにお客様にお選びいただけるだけの自信があります。 エクスペリアは続々と新作が出ていますが、リリースしてからちょっと間が空いたスマホの寿命を延ばす(バッテリー交換、液晶・ガラス修理)なども含めて幅広く修理対応しています。 お気軽にご相談ください。「