Android修理ジャパン 渋谷店のスタッフブログです

android修理ジャパン
渋谷店スタッフブログ

渋谷店 ▶ スタッフブログ

【GalaxyS8 画面修理】液晶破損修理も最短即日でご対応いたします!

GalaxyS8ガラス割れや液晶破損もお任せください!!

当店ではandroidスマホを修理を幅広く行っております。 その中でも修理依頼が多い【Galaxy】の修理をご紹介します。 本日の修理はGalaxyS8の液晶破損修理です。 ガラス割れと液晶内部まで破損している状態で、タッチ操作も出来ない状態でお持ち込み頂きました。 Galaxyシリーズで、S7から大きくモデルチェンジした機種で、私スタッフDも過去使用していました。 今でも人気のある機種で、市場でもそこそこ高値で取引されています。 今回はコチラの修理を見て頂きましょう。      

分解作業

Galaxyシリーズは主に背面のガラスパネルを外して交換を行います。 当店で使用している交換部品に関してはフレームと一体型のパーツを使用している為、内部の部品を殆ど移植する作業を行っていきます。 主に外すパーツは以下の通りです。 ・イヤースピーカー ・イヤホンジャック ・USBコネクター ・基盤 ・インカメラ&アウトカメラ ・近接センサー ・バッテリー ・ワイヤレス充電コイル ・バイブレーター ・SIMトレー という事で、完全に全バラシでの作業です。 他のスマホと違い、かなり大がかりな作業ですので、多少時間が掛かりました。 慎重に上記パーツを全て画像の状態にまで分解して行きます。      

バッテリー取り外し

バッテリーに関しては両面テープで取り付けられている為、一度熱を加えて外れやすくさせます。 しっかり熱を加えればポロっと外れます。       という事で全てのパーツを取り外すと、画像の様な状態になります。 なかなか手間のかかる作業でした・・・        

新しい液晶Assyに交換

新品の部品に関しては、液晶と一体型になるので、外した部品を全て移植し直します。 部品自体元の状態に戻すだけでなので、スムーズに組み付け出来ました。        

背面パネルを組み付けで作業完了

最後に背面のパネルを貼り付けて、作業完了です。 動作確認も特に問題なく、綺麗に仕上がりました! フレームも新しくなっているので、修理前よりとても綺麗に仕上がりました。 修理時間は1時間程度で完了。

Galaxyの修理をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

 

【Xperiaの画面修理も即日修理!】当日受け取りたい方は当店へ!

Xperiaの画面修理は最短60分からご案内!

android修理ジャパンでは各種XperiaZシリーズ・Xシリーズ・XZシリーズの修理が可能です! Xperiaのタッチ不良・ガラス割れ・液晶破損等、画面上のトラブルなら当日解決します!      

修理の8割以上が画面破損によるトラブルです

Xperiaの修理では8割以上の案件が画面破損によるトラブルです。

Xperiaは画面が割れているだけでも構造上タッチ操作が出来なくなる場合が多く、大半は画面交換で改善できます。 設計がかなりシビアな分、多少の破損でもタッチ操作に関わる部分に不具合を生じさせてしまう特徴をもっている 機種なのです。      

キャリアでは修理対応不可なモデルも・・

Xperiaシリーズは日本でも人気も機種です。 しかし、機種によってはキャリアの方で修理サポートが終了してしまっている様なモデルもあります。 そういった方にも当店に来ていただければ修理できるかもしれません! 諦める前にまずは一度お問い合わせください!    

営業時間は毎日11時よりオープンしております

当店の営業時間は11時より定休日なしで営業しております! 土日祝日関係なくオープンしているので、いつでもご対応可能です! 来店予約して頂けるとスムーズにご案内できますので、是非お気軽にご相談ください! 皆様のご来店お待ちしております!

【定休日なし】毎日11時~20時まで営業しております!

Xperia・Galaxy・Huaweiの修理承っております

Android修理ジャパン渋谷店です! 本日も11時~20時まで営業しております。 今日は当店で修理受付できる修理内容をご紹介したいと思います。 基本的な修理内容は【画面】・【バッテリー】・【充電コネクター】が主な修理となります。 それぞれ簡単な内容にはなりますがご紹介します。    

ご来店で多い修理項目3選

画面がバキバキでも修理は即日!

画面が映らない・バキバキに割れている・タッチが出来ないという症状は【画面交換】で改善します! 基本的には画面交換すれば綺麗に直るものになるので、安心してお任せ頂いて大丈夫です。 修理の際にフレームが歪んでいる場合は同時に矯正も行います。      

一番恐ろしいのはバッテリーの膨張

スマホを使っている上で一番恐ろしいのはバッテリーの膨張です。 そのまま使用するとパネル破損や起動不良等の弊害を起こしてしまいます。 主に過充電によるリチウムバッテリーの劣化が原因で起こる症状です。 基本的にはバッテリー交換で解消します。 作業は1時間程度で交換できます。      

充電が出来ないトラブルも多い

特にXperiaXZシリーズによく起こるトラブルです。 その他ではZ3やZ4等の古い端末では、経年劣化で充電出来なくなることもあります。 端子その物の故障であれば交換修理で改善できます。 ただし、交換しても直らない可能性も含んでいる為、その際は基盤修理を行います。      

年中無休で毎日受付しております!

当店では基本的には即日で対応出来ますが、機種によっては【受注発注】での修理になる場合があり その場合はお時間を頂いての修理になります。

ご予約いただければご来店時に即日で対応も出来ますので、修理の際はお気軽にご相談頂ければと思います。

当店の営業時間は11時~20時までの営業となります。

故障でお困りの際は是非当店へお問合せください。

【LINEやGoogle等のアプリが開かない!?】webview問題の原因と対処法

LINEやGoogleアプリが起動出来ない原因はGoogleのアップデート??

  今朝起こった私のとある事件が発生しました。。。  

なんと電車の中でスマホを開けました所アプリ(line google検索 ヤフー検索等)が開けず、 「繰り返し停止しています」

と表示されるだけで先に進まずアプリが落ちるという現象が起きました、、、、、 あら!?と思い、 再起動しても 容量を確認しても 色々やってみましたが、解決方法が見つからないので 夢の中へ 夢の中へ 行っていました。 たまに障害が起こるたびに実感するのですが、デジタルは便利ですがこのような障害が起こると、 何も出来なくなりますね。 まるで主人公が強力な敵に圧倒的な力の差を見せつけられ、自分の矮小さと無力さを痛感する場面の時の気持ちに似ていると思います。 とりあえず、職場のパソコンで調べて見たところ、多くの方もお困りのようでした。  

全てのAndroid端末で発生

このトラブルの症状としては、Google、Yahoo!、LINE含む様々なアプリ起動せずに落ちてしまう 状態になります。 こうなると一切アプリを使用する事は出来なくなります。    

原因は「Webview」のアップデートファイル

webview(Android System WebView)とは、サードパーティのAndroidアプリでWEBコンテンツをレンダリングするためのアプリです。 Android5.0からアプリとして独立しており、最新のWebViewはGooglePlayで更新できるようになっています。 Chrome51&Android7以上の場合はChromeがwebviewとして動く仕様に変更されました。 Android7以上ではデフォルトでAndroid System WebViewは無効化(Chromeと競合するため)になるので 一部に端末ではAndroid System WebViewが入ってないこともあります。 今回のwebview問題は、このアプリの【アップデートファイル】に原因があった事が分かっています。 対象となっているユーザーは、【自動アップデート】を行ったユーザーとされています。 例えば、アプリ更新をWi-Fiに接続した時に自動でアップデートされる設定にしている場合、 今回のwebviewアプリも自動更新されてしまっている可能性が高いです。 トラブルに見舞われているユーザーは、このアプリケーションの更新をしてしまった事が原因です。    

webview問題の対処法

  この問題はwebviewアプリのアンインストールをすれば解消されます。 手順は以下の通りです。  

Googleplayから「マイアプリ&ゲーム」を選択

まずGoogleplayを開きます。 開いた時の「左端にある3本の横線のアイコン」をタップして画像のメニューを開いてください。  

インストール済みを選択

次に4つの項目の中の「インストール済み」を選びます。 その中にある【webview】というアプリを見つけてください。  

アンインストールを行う

webviewのアイコンを開くと画像のように「アンインストール」の表示がされます。 アンインストールを選択して、アプリを一度消去します。 その後、端末その物を【再起動】させてください。 そうすると、アプリが開く様になります。 「Android system」から「Webview」を開き、アンインストールして再起動すると、 「繰り返し停止しています」不具合が解消されたという報告が数多くあります。      

webviewアプリがないユーザーの場合

スマホによっては、webviewのアプリがインストールされていない場合もあります。 その場合は、「chrome」をアンインストールしてください。 手順は先程と同じ【インストール済み】のアプリ一覧内にあります。 このアプリのアンインストールで解消されたという声も多数あります。    

Googleの正式発表で現在は以下の方法で改善できます

Android System WebViewの不具合により、同機能を利用するGmailをはじめとした各種Androidアプリがクラッシュする問題は、23日15時過ぎにGoogleがWebViewの更新版を配布開始したことで解決された。 【 Android System WebViewを更新する方法 】 Playストアアプリ ➡ 「Android System WebView」を検索 ➡ 更新ボタンを押す ※「Google Chrome」についても同様に検索のうえ、更新をかける。 引用サイト : PCwatch URL : https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1313900.html     以上が解消方法になります。 いかがでしたでしょうか? やはり震災の時教訓もありますが、全てひとつにまとめるのは怖いですね。 リスクヘッジの意味も含め、私はゲーム、音楽、通話等の用途によって全て分けるようにしています。 皆様もご参考までに! それでは!!

【 スマホ 比較 】Galaxy S10∔ と Xperia XZ3 を使ってみた

サブ端末でXperiaXZ3を買ってGalaxyS10+と比べてみた

android修理ジャパン渋谷店スタッフDです。 最近サブ端末2号機として「XperiaXZ3」を買ってみましたw 無駄にサブを2台持っているので合計3台のスマホを持ち歩いております(;^ω^) 私がなぜXperiaXZ3をわざわざ購入したのかと言うと・・・・ SONYのハイレゾ目当てで購入したのが理由ですw あとは有機ELディスプレイのサブ機が欲しかったというのもありますし、何よりも メインで使っているGalaxyと比べて利便性を確認したかった事も購入の理由でもあります(意外と安かったので・・・) 今回はもうすぐGalaxyの新型が発表されるという事もあり、機種変更も考えているAndroidユーザーも多いかと思いまして、 そのお役に立てれるのではないかと今回比較のブログを書いてみるに至った次第です(`・ω・´)b それでは、早速比較レビューをご覧下さい♪    

【型落ち対決】XperiaXZ3 VS GalaxyS10+

画面の大きさや動画の解像度

まずは画面の大きさを比較します。 カタログスペック上では以下の通りです。 GalaxyS10∔ 157.6×74.1×7.8mm 6.4インチ、19:9、Quad HD+ Curved Dynamic AMOLED XperiaXZ3 約158mm×約73mm×約9.9mm 約6.0インチ/有機EL トリルミナスディスプレイ for mobile/Quad HD+ 比較するとやはりGalaxyの方が0.4inch大きい事が分かります。 しかし、縦と横に関してはほぼ同じ大きさで、これに関してはべセルフレームの幅で左右されたようですね。 実際同じ4k動画を流してみると、インチの大きさの違いが堅調に分かります。 同じ有機ELディスプレイでも比べてみると「色の濃さ」「細かい文字等の描写」が多少差が出ました。 個人的な意見で言うと、XperiaXZ3の方が色が濃く綺麗な印象を持ちました(あくまで個人的な意見です) 有機ELディスプレイと言ってもメーカーによって種類が異なるので、画面の色の表現も変わる事がよく分かりますね。 ただ、色が濃い分画面の明るさが少し暗め?かな? とは言っても、2019年に発売されたS10∔と2018年発売されたXZ3でこの程度の差は意外と驚きました。 ある意味、有機ELディスプレイの限界?を感じました。      

カメラ機能を比較

次に最近のスマホでは無くてはならない「カメラ機能」を比較して見ました。 両機のカメラの性能は以下の通りです。   背面カメラ(S10∔) 16MP 超広角、12MP 広角、12MP 望遠 (1,600万画素/約1,200万画素/約1,200万画素) 前面カメラ(S10∔) 10MP広角 8MP超広角 (約1000万画素/約800万画素)   背面カメラ(XZ3) Motion Eye™カメラシステム 有効画素数約1920万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile 前面カメラ(XZ3) 有効画素数約1320万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile   SamsungとSONYでは、そもそもカメラの設計は全く異なる作りになっているので、性能の比較が分かりやすかったのが印象です。 特に画素数に関しては型落ちでありながらGalaxyよりも画素数は上でした。 トリプルカメラの中でも最高が1600万画素に対して、XZ3が1920万画素と300万画素以上の差を付けています。 では実際この差がカメラを使った時、どう変わるのか見てみましょう。           同じ赤色のペットボトルを映してみました。 画像では分かりにくくはなりますが、赤の表現がXZ3(左)に対してS10+(右)の方が暗い表現なのが分かりますでしょうか? ここでも個人的にはXZ3の方が綺麗かも?感じました。 画素数の違いで、同じ色でもここまで差が出てくるようです。 しかし画素数が上でも、色を濃く出すせいなのか、暗い映り方をしていたので、そこが残念なポイントでした。 又、カメラ機能としては、問答無用で最新技術という事もあり、S10+の方が当然ながら使い勝手は良かったです。 (特に超広角は便利!)        

カメラアプリを起動する時の使い勝手

  AndroidはiPhoneとは違い、備え付けられている専用のボタンで画面を操作しなくてもカメラを起動させられる機能を有している事も特徴として挙げられます。 Galaxyの場合は、電源ボタンを2度押しする事でカメラを使う事が出来ます。 立ち上げる速度はCPUに起因するので、処理速度が速い分、XZ3よりも瞬時にカメラアプリを起動する事が出来ました。 しかし、2度押しなので失敗すると面倒くさい場面が多々ありますw(慣れれば問題なし!)           XperiaXZ3の場合は、画像に映し出せているボタンを長押しすると、カメラが立ち上がります。 長押しだけなので、シンプルな動作ですぐにカメラを使う事が出来ます。 初回で使い始める方であれば、Xperiaの方がカメラを扱いやすいのではないかと思います。 長押しだけの動作はGalaxyに比べると、かなーり楽です(∩´∀`)∩      

指紋センサーの使い勝手

  次に指紋センサーの使い勝手も比較して見ました。 S10∔は画面内蔵型の指紋センサーを搭載しています。 今までのAndroidは外側にむき出しでセンサーが付いていました。   昨今指紋センサーを埋め込み式にする動きが活発になってきており、中国ではOPPOやHuawei等が埋め込み型の指紋センサーを内蔵するようになってきました。 その後を追ってか、Samsungも同様の形式に変更し、S10シリーズから内蔵型に変更されています。 感度に関しては・・・・・・・微妙ですww   すぐに反応してくれるわけでもなく、反応しても読み込みずらい印象を使っていて思います。 なので、指紋は同じ指で複数パターンを登録しなければ、スムーズに解除できないのが難点です。 スタッフDは常日頃、顔認証かパターンでいつも解除しています。(本当に読み込まないし、読み込みまで遅い!)   因みに以前はS8∔を使っていた時は、指紋センサーは外側に備え付けられていましたが、感度が悪く読み込むまで何度も失敗しました。 これはSamsungの技術力の問題??とS10+を使っていて物凄く感じています。 指紋センサーにこだわる方は、Galaxyを使う場合イラっとするかも???         お次にXZ3の指紋センサーを見てみましょう。 コチラに関してはセンサーの部分が大きいのもあり、読み込みは圧倒的に早かったです。 Z5やXZの時もそうでしたが、SONYの指紋センサーの読み込み速度は非常に優秀でした。 なので、Galaxyとの比較では、XZ3の方が優秀です! ただし、XZ3の場合ですが、カメラの下にセンサーがあるので、よく間違えてカメラの部分に指を当ててしまい困惑するパターンがありますww これは配置の問題なので、もう慣れてしまうしかないですね(;´∀`)        

スピーカーの比較とイヤホンの汎用性

次に、スピーカーの比較とイヤホンの汎用性を比較しました。 まずXperiaの大きな特徴の一つ【ハイレゾ】です! 他のスマホと違い、同じステレオスピーカーでも、出力する際の変換が違う為、非常にクリアで立体感のある音を楽しむことが出来ます。 これ一台でBGMを流しても良いぐらいGOOD! S10+もステレオスピーカーですが、ハイレゾと比べると音質の差がはっきり出ました。 S10+は、ざっくり言うとスマホのスピーカーで音を流している感じなので、XZ3の方が音質は良かったです。   イヤホンの汎用性に関しては、XZ3はイヤホンジャック廃止しているので、Bluetoothイヤホンでなければ音楽を聴けません。 それに対して、S10+はイヤホンジャックを継続して搭載しています。 なので、有線で音楽を楽しみたい方はS10シリーズが良いでしょう。(私はBluetoothイヤホンが楽なので関係ないですが・・)        

その他性能面での比較

ざっくりと分かりやすく説明してきましたが、その他にも比較して見ました!   【 バッテリー 】 S10+ 4100mAh 約142時間 XZ3 3200mAh 約85時間 バッテリーの稼働はGalaxyが上ですが、これはあくまでもカタログスペック上です。 個人的にどちらとも、そこまで大差ない稼働時間でしたので、あまり気にしなくても良いかもしれません、、、、、 特に私の場合はヘビーに使うので、余計に差があまり感じられないのですが、どちらかと言えばXZ3の方が持ちが良い気もします。   【 CPU 】 S10+ Samsung Exynos 9820 Snapdragon 855  Mongoose M4 x2 & Cortex-A75 x2 & Cortex-A55 x4 - Exynos 9820 Kryo 485(2.84GHz) x1 & Kryo 485(2.42GHz) x3 & Kryo 485(1.8GHz) x4 - Snapdragon 855 8コア, 2.8 GHz XZ3 Qualcomm Snapdragon 845 SDM845/2.8GHz×4コア+1.8GHz×4コア   1世代違いのCPUを使っているのですが、処理速度は1世代違うとは言え、やはりS10+の方が動きはスムーズでした。 ゲームアプリも多用するので、S10+の性能の良さを肌に感じます(;´Д`A ``` XZ3も性能も悪くはないのですが、そこは新モデルには勝てなかったですね。。。(今はS10も型落ちですが・・・)      

最後に

いかがでしたでしょうか? ざっくりと比べて分かりやすい所を簡単にまとめてみます。   【 S10+の方が良いポイント 】 ・液晶画面が大きく動画や写真撮影を楽しめる ・超広角機能を使えば近い距離でも広い範囲を撮影可能 ・CPUの性能が優れているので、重たいゲームもサクサク ・思いの他軽いので手が疲れにくい ・画面の強度が高いので壊れにくい ・電源ボタン2度押しでカメラを起動   【 XZ3の方が良いポイント 】 ・ハイレゾ音質なので音楽を聴く方はオススメ ・画素数が高いので色の色彩が濃いめ(ちょっと暗めかも?) ・3200mAhにしてはバッテリーの持ちが良い(いたわり充電がオススメ) ・ボタン長押しのみでカメラを起動 ・指紋センサーの読み込みが早い ・処理速度はスナドラ845なのでヘビーユーザーにもオススメ   XZ3とS10+どちらも優れている事は間違いないでしょう。 上記の内容はメーカーの特徴ともいえるので、今後機種変更の際は参考にして見てはどうでしょう? 両メーカーも良い所があれば悪い所もあるバランスの取れた機種だと思います。   余談ですが、Galaxyを展開するSamsungは純正ケースでLEDアイコンを表示する面白いケースを作っています。 ケースを閉じると自動でスリープOFFになるので、とても便利です(^_-)-☆ ケースを閉じていても電話を取る事も出来ます! 更に、このLEDアイコンはアプリで変更も出来る、オリジナルで作成も出来ちゃうので非常に便利でした! ここは純正品なのもあり使いやすさと面白さを感じました♪   今の最新モデルは、この2機種とは性能は上ではありますが、ベースは同じです。 是非機種変の際は参考にして見てはいかがでしょう? 今日のブログはここまでです! それでは!  

XperiaXZ2【SOV37・SO-03K・702SO】画面修理も即日でお渡しいたします!!

修理対応機種追加!!XperiaXZ2画面修理

Android修理ジャパン渋谷店です。 本日久々の更新のとなりました! この度当店で新たに修理機種を追加いたしましたので修理のご紹介と合わせて宣伝させて頂きます(`・ω・´)b      

故障内容は液晶破損

本日お持ち込み頂いた機種はXperiaXZ2になります。 XperiaXZ1からの後継機で、モデルチェンジした機種になります。 発売したのは2018年7月と意外と最近なんです。 iPhoneでいうと、iPhoneXsと同期のモデルですね(;´∀`) そんな新しいモデルを今日はチャチャっと修理しちゃおうと思います! XperiaXZシリーズと言えば修理側からして見ると、構造が簡易的になっているので作業しやすいのですが 果たして、この機種はどうなのでしょうか・・・・???      

画面を開ける手順は全部同じ

早速内部を見ていきましょう! と言っても、パネルを開けてみると、これまた今までのXZと同じ構造でしたww つまり・・・     ここのケーブルを外すだけでパネルが取れます。。。。 なんて簡易的で修理屋さんに優しい構造なのでしょうw      

作業開始から15分後・・・・

パネルを開けてコネクターを外しただけであっけなく分解できましたw これが2年前のモデルとは。。。。ビックリですね(;´Д`A ``` これで防水IPX5/8、防塵IP6Xあるとは・・・・       パネルを固定していたテープを全て取り除き、綺麗な状態に出来ました。 イヤースピーカーを移植して下準備は完了です。 あとはパネルを組み付けていきます。      

パネルをハメて動作確認

作業開始してからおおそよ40分程度で交換作業は完了しました! 思っていたよりも簡単な修理でしたね(^^♪ あとはタッチ操作の確認などを行って作業完了です! 修理自体は1時間以内で完了したので、お客様には「早い!助かります!」お喜びの声を頂きました♪ 他店では半日か数時間以上かかりますが、当店なら大体2時間以内にはお渡し出来ます! 時間をかけたくない方は是非渋谷店にお任せください! 本日のブログはここまでです! それでは!