Android修理ジャパン 渋谷店のスタッフブログです

android修理ジャパン
渋谷店スタッフブログ

渋谷店 ▶ スタッフブログ

【 修理時間は最短1時間 】エクスペリアの画面修理も即日対応します!

エクスペリアの旧機種の画面割れも即日でお持ち帰り出来ます!

android修理ジャパン渋谷店です! 今日もXperiaの修理について書いていきたいと思います! 本日はXperiaZ4の液晶交換を行いました! 5年程経過しているこちらのモデル、今現在使われている方はかなり珍しいと思います。 私も修理するのが半年以上ぶりでしたwww そんなZ4ですが、修理の内容は「タッチ不可」のトラブルでのご依頼でした。      

タッチが出来なくなることが多いエクスペリア、その理由

Xperiaは、最近でこそ技術が発達したXperiaですが、一昔のモデルになると画面が割れただけでタッチ操作が出来なくなるケースが非常に多く発生していました。 その理由としては、【パネルの構造】にあります。 Xperiaは、液晶パネル自体が非常に薄く作られています。 端末の厚さを薄くする尚且つ、軽量化する為かと思われます。 それが要因になっているのか、画面にヒビが入るだけでタッチ操作が出なくなってしまうのです。 主に、Z3・Z3compact・Z4・Z5・Z5compact・Z5Premiumによく見られていました。 Zシリーズが特に目立っていたので、やはり構造上脆い作りになっていたのでは???と勘ぐってしまいますね(;´∀`) 因みにXZシリーズになると強度及び設計が変わったのか、多少の割れでも操作できるようになっていました。        

構造も複雑なZシリーズ

このシリーズを修理する上で共通している部分がまだあります。 それは【分解工程が多く、構造も複雑な設計になっている】ということです。 後継モデルであるXZシリーズは、かなり簡易的に作りこまれていて、デザインや強度も上がっているのに対して Zシリーズは、破格的大きめの機種になります。 内部の設計も配線が複雑になっており、「部品を詰め込んだ」様な印象も受けます。 こういう部分が、端末の強度の問題に繋がっているのかもしれません。        

Androidスマホの修理は最短でも平均3時間以上

Androidスマホの修理はiPhoneと違って非常に分解に時間が掛かる機種で有名です。 その為修理に対応していない修理屋さんが多く、又、出来たとしても分解に時間が掛かるので3時間以上預ける事もあり、 場合によっては数日間かかる事も・・・・(;´Д`) 正規店の場合は1週間以上かかり、見積にも時間が掛かるのだとか。。。。 そういった環境にあるXperiaですが、当店では最短1時間でお直しできる様になっています! 店舗のいは基本ベテランの修理スタッフを常勤させているので、即日修理できる唯一の修理屋さんなのです(`・∀・´)エッヘン!!        

困っている時だからこそご希望に応えたい!

早く手元に端末がほしい! 時間はなるべく短い方がいい! 即日で直してほしい! 急いでる!   という方が多いかと思います。 そんなワガママを叶えられるのは、当店だけですよっ! 最短でも1時間あれば修理は完了します。 しかし、Zシリーズの場合は最短でも90分は時間が掛かるので、出来るだけお時間を作ってご来店頂きたいと思います。        

1~2時間程でボロボロだったXperiaも綺麗に!

他店では3時間以上待つ事になる修理も1時間以上早くお渡し可能です!! 画像の様なボロボロな端末も綺麗に元通りになります! 直したいけど3時間も待てない! そんな方は渋谷店までお気軽にご相談くださいませ(^^♪    

【 スマホ修理 】XperiaXZs バッテリー交換も即日で対応できます!

XZsの電池交換は結構簡単!?

こんにちわ! android修理ジャパン渋谷店です! 本日はXperiaXZの廉価版モデル「XZs」のバッテリー交換をご紹介したいと思います! 最近XZsのバッテリー交換のご依頼が意外と多く頂いていたので、対応出来るようになりました! 今まで非対応のモデルだったのですが、渋谷店でも対応できるようになっちゃったんです!! 今日はそんな新対応モデルの修理を他店よりも早く見て頂きたいと思います!!        

見た目も中身も初期のXZと同じ!?

分解手順は初代と変わらず

XZsは、初代XZの廉価版モデルとして発売されました。 XZより後に発売されたので、今からですと3年前になります。(意外と新しい・・・) XperiaXZPremiumと同じくしてリリースされたので、3年前ですと2017年・・・ 同期のモデルではiPhoneXと同じタイミングで発売されたことになりますね(;´∀`) そんなXZsですが、構造や基礎設計は初代XZと同じになっています(;^ω^) なので今回分解手順が同じだったお陰で、スムーズに交換作業ができましたWW      

パネルを外すと・・・・同じやん!!!

パネルを外してみる、一目瞭然ですね(;´∀`) 全く同じ!!! これはこれで楽な作業ですねww       バッテリーの分解手順までも同じでした・・・ XZの修理程楽なものはないと思っていたのですが、この機種も大概やな・・・と言うのが率直な感想ですw      

バッテリーは???

バッテリーの取り外しが出来たので、シレっとバッテリーをXZの物と比較して見ました・・ すると、これまで全く同じという事が判明!!!!!! 別々の部品かと思いましたが、兼用だったのですね・・・手抜きしましたねSONYさんww 廉価版というか、兼用版と言うべきですかね(;´∀`)        

という事でサササッと組み付けして完成!

バッテリー10分ぐらいで組み付けて、元の状態にして終了です! ざっと30分程度で分解~組み付けは完了しました。 これがXZsのバッテリー交換です。(特に目新しいことなくてすいません!!!ww)        

最後に

充電チェックをして、スムーズに溜まるのを確認します。 あとはお客様にお渡し・・・ 今まで別部品だと思っていたのがお恥ずかしい限りですね(´;ω;`) ということで、バッテリーの在庫はまだまだありますので、バッテリー交換をお考えの方は 是非渋谷店にお持ち込みください(`・ω・´)b 今日のブログは以上です! それでは!!

【AndroidOS】スクリーンショットが出来ない原因と対処法

スクショが出来ないのはなぜ?

    Android端末でスクリーンショットを撮る際、なぜだか画像が保存できなかったり、撮影に失敗してしまうことはありませんか? 今回はAndroidスマホのスクリーンショットが撮影できない原因とその対策についてまとめていきます。 スクショが撮れないよー!という方は是非ご参考ください。  

スクリーンショットとは

Andoroidスマートフォンのスクリーンショットとは、スマホ画面を任意のタイミングで撮影したものです。 Androidスマホには基本的に備わっている機能で、アプリを追加することなく使用できる機能のひとつでもあります。 スクリーンショットはキャプチャとも呼ばれることがありますが、いずれも画面を撮影したファイルのことを言います。  

Androidスマホでスクショを撮影する

スクショの撮影は機種によって違うことがありますが、基本的に「電源ボタン」と「音量ボタンのマイナス」を同時押しすることで現在表示中の画面をスクリーンショットすることが出来ます。 モデルによっては上記操作を行わずにスクリーンショットが撮影できることもあるので、お手持ちのAndroidスマホの取り扱い説明書などを読んで、ショートカットが無いか確認してみるといいでしょう。  

スクリーンショットが出来ない原因

Androidスマホでスクリーンショットが撮れない原因について考えていきます。 物理的な故障を除くと、スクリーンショットが撮影できない原因は二つ考えられます。 「本体容量不足」「表示中のアプリやサイトがスクリーンショットに対応していない」こちら二つについて詳細をご紹介していきますので、思い当たるものがあればご参考ください。  

本体の容量不足

本体容量が不足している場合には、SDカードにファイルを移動するか、不要なファイルを削除しましょう。 また、保存先のフォルダを参照できていない可能性もあるため、画像フォルダをくまなく探してみることも大切です。  

アプリやサイトがスクショに対応していない場合

著作権に触れてしまうようなアプリやサイトはスクリーンショットが出来ない仕様となっていることがあります。 動画アプリや動画サイトではスクリーンショットを禁止していることが多いです。 スクショが禁止されているサイトやアプリでは撮影が出来た場合でも画像が真っ暗であったり、アプリやサイトのロゴだけが映るようなことがあります。 この場合の対処法はありません。  

まとめ

スマホの画面を共有したり、閲覧したサイトを覚えておくのに便利なスクリーンショットですが、上手く撮影できない場合には上記2つの原因が考えられます。 これらは簡単に対応することが出来るので、是非一度お試しください。 それでは!

Xperia XZ バッテリー交換

こんにちは!android修理ジャパン渋谷店スタッフTです!

今回は、Xperia XZ のバッテリー交換のご依頼をいただきましたので、修理のご紹介をしたいと思います!

 

「充電してもなかなか起動しない」

Xperia XZ のバッテリー交換ご希望のお客様がご来店、まずは端末の状態を確認します。 修理のときは端末の電源を落として作業をするのですが、そう思ってあらかじめ電源を落としてお持ちになるお客様もいらっしゃいます。ですが、当店ではまず”今の状態”を確認させていただくので、起動していない状態でお持込みの場合でも一度電源を入れて動作確認をさせていただきます。 今回のXperia XZ も電源の入っていない状態でしたので起動しようと電源ボタンを押すと、”電池切れ”のマークが表示されました。 端末を充電器に繋げてみるとしっかり反応して充電中マークが出るものの、なかなか充電がたまらないようでしばらく待っても起動できませんでした。 お客様にこの状況に至る経緯、何かお気づきのことがあるかをお聞きしたところ、以前から電池の減りが早くなり少し気にはなっていたそうです。それでも、ただ充電の頻度が増える程度で特に問題なく使えていたので、今日初めてこんなに起動しない状態になってしまい、お困りになり早速お持ち込みいただいたということです。 お話を伺っている間に引き続き充電器を繋げていましたが、なかなか充電されずやはり起動しませんでした。今回は修理前の状態確認ができないことをご了承いただき、このままお預かりして修理させていただくことになりました。  

では、バッテリー交換を始めましょう!

Xperiaの端末を開く際は、画面側から外していく機種とバックパネルから外していく機種があります。 今回のXperia XZ は画面側から外していくので、本体との間の粘着を少しづつ剥がしながら端末を開いていきます。角張った形の長方形なので、角を剥がすときは特に注意して画面を割らないように丁寧に外します。 フチの粘着が全て外れると画面を本体から持ち上げることができますが、画面下部あたりでケーブルが繋がっているので、少し浮かせた状態でコネクタを外します。これで、本体から画面を取り外すことができました。 次に、本体の大部分を覆っている銀パネルのネジを全て外します。 画像の赤○部分バッテリーのコネクタを外し、パネルを持ち上げると、裏側に貼り付いているバッテリーごと取り出すことができます。パネルからバッテリーを外すには、間についている粘着テープの端を引っ張ってテープを取り除きます。 あとは新しいバッテリーを用意して、今までの逆の手順で端末を元通りに閉じていきます。 新しいバッテリーに交換し、パネルを本体の元の位置に戻して全てのネジを取り付けます。 画面を付ける前に、本体のフチおよび画面裏の粘着部分を確認します。Xperiaは粘着テープで本体に画面が取り付けられているので、ホコリなど取り除きしっかり粘着できるように準備します。 閉じる準備ができたら、画面のコネクタを繋げ、本体と画面を閉じます。  

交換作業が終わり、起動確認

新しいバッテリーに交換したことで、電源ボタンを押すと起動するようになりました!充電器に繋げると反応して充電中になり、数字が上がっていくことも確認できました。 そのほかの動作確認も正常に行なえましたので、しっかり圧着し修理完了です。 お預かりの時点で”起動できない”状態でしたので、お客様へお渡しするとホッと安心した様子で喜んでいただき、早速スマホで何かしら操作を試されていました。  

当店では、Xperiaのバッテリー交換や画面修理を随時承っております。

対応機種のお問い合わせやお見積など、お電話でも対応させていただきますのでお気軽にご連絡ください(^o^)/

ご利用お待ちしております!

android修理ジャパン渋谷店

Xperiaは画面割れで映らない!?そんな不具合も即日で解決します!

android修理も渋谷店ならお手の物!お困りの方は是非ご利用ください!

XperiaはSONYから発売された今でも根強いファンがいる程人気の機種なのは皆様もご存知でしょう。 そのXperiaのZシリーズ、「Z5compact」の修理を今日はご紹介しましょう。  

故障内容は?

こちらの機種の故障内容は「液晶が映らない」という不具合です。 Xperiaの液晶は、その構造上「画面が割れるとタッチが効かなくなる」もしくは「液晶が映らない」故障を引き起こしやすくなっています。 これも、液晶の構造の問題なので、対策としては落とさない様にするしかありません。 液晶パネルが薄い分強度も落ちており、コネクターの強度も低いので「割れただけでもタッチが効かなくなる」のです。    

Z5compactとは?

compactシリーズは、Z3の頃に、Z3compactを発売させたことが始まりでした。 Z4ではcompactの採用はなく、飛び越える形でZ5compactが発売されました。 Z5は今だ使用されているユーザーがいるほど上部に作られているモデルになりますが、Z5compactはその廉価版です。 iPhoneに例えると、iPhone11Proと11ProMaxの様な関係です。 人気こそあまりなかったものの、コンパクトサイズである事が人気のポイントになっており、手のひらサイズがなくなった今の時代ではお目に掛かれないデザインとなっています。    

修理する上で注意するポイント

さてそんなZ5compactの修理ですが、まず最初の修理手順は「Z3」「Z4」「Z5」等とほとんど同じです。 その為、Z3以降を修理した事のあれば手っ取り早く直せます。 気を付けるべきポイントは、compactシリーズとなると基板やその他の部品がぎっちりはめ込まれているので、工具の使い方はより繊細で丁寧な方法が必要になります。 これぐれも、自分で修理しようなどとは思わない方が良いですね(;^ω^)   それでは早速分解して行きましょう。      

背面パネルを剥がす

Z3以降のXperiaには、このホットプレートを使用する工程は必ず行います。 概ね5分程度で、60度ぐらいで温めます。 暖める事で、パネルを固定する粘着テープが緩くなってきます。     暖めた後には、パネルの粘着テープはかなり緩くなっているので、簡単に剥がす事が出来ます。 この作業を始めて経験した時は、非常に緊張したのを今でも覚えていますね(;´Д`) まだ工具の感覚がつかめていない時だったので、慣れるまで腐る程練習しました・・・・(今では瞬殺ですw)        

本体分解

続いて本体の分解に移りたいと思います。 基盤を固定しているフレームを外す為に、ネジを9本程取っていきます。 同時にICコイルのケーブルも外します。       フレームとICコイルを外した状態です。 続いて各種コネクターを外していきます。    

バッテリーコネクターや充電コネクター等諸々外す

基盤を外さなければいけないので、繋がっているコネクターを全て外します。 外すコネクターは以下の通りです。 ・バッテリー ・充電コネクター ・インカメラ ・アウトカメラ ・イヤホンジャック これらを全て外します。   コネクター類を外し終えたら終了ではありません! 基盤の後ろ側にもコネクターがありますので、これを外します。(むしろこれ外さないと液晶取れない・・) マイクのケーブルを付いているので、これらを外していきます。 基盤を外す際は、基盤の(画像では左側)に粘着テープがあるので慎重に剥がしながら、基盤を浮かしていきます。     外すとこんな感じです。 本体側はスッカラカンですww 続いてメインの液晶パネルを外していきますよー      

液晶パネルを外す~組み上げまで

ここで2度目の暖め作業が入ります。 液晶の方にもガッチリ粘着テープが貼られていますので、これもホットプレートで外します。     液晶を外せたら、本体に残っている粘着テープを全て綺麗に剥がします。     液晶のはめ込み完了です(`・ω・´)b 続いての作業は・・・・・・元に戻すお仕事ですw     分解は多少時間は掛りますが、意外と元の状態に戻す作業はパパっと終わってしまいました。 元に戻す作業を含めて30分~40分程度でした。 最後に起動確認と動作確認を行います。    

起動・動作確認

起動確認を行います。 初動は、問題なく起動出来ましたね。 違和感のある動きは無かったので、とりあえずは起動確認をOK!       その後は動作確認を行いましたが、特に異常は無し! 基盤の異常はありませんでした! これで全ての作業が完了です! 1時間以上かかりましたが、即日で修理完了しました!    

最後に・・・

実はXperiaの修理は他の修理屋さんでは3時間以上かかる所もあるのですが、当店では1時間~2時間で完了します! お困りの方は是非お気軽に当店まで御相談ください! 今日のブログはここまで! それでは!!  

【Xperia バッテリー交換】バッテリー交換も即日完了します!

Xperiaのバッテリー交換は時間かかるの?いいえ!即日です!   こんにちわ! android修理ジャパン渋谷店のスタッフDでございます! 当店で画面修理と同じぐらいご来店される機会が多い「バッテリー交換」を今日はご紹介します。 機種は「XperiaXZPremium」です! 数々のXperiaの修理を行って来ましたが、何度やってもこのPremiumシリーズは手間が掛かりますね(;^ω^) ご来店数は多くはないのですが、ご依頼を受ける時は、いつも身構えてしまいますww それでは修理前の状態をご覧いただきましょう!    

使用歴は3年!1日の稼働時間はたった3時間!?

まず作業前の端末のバッテリーの状態を見てみましょう! iOSの端末と違い、バッテリー容量は見る事が出来ませんが、「使用状況」は見る事が出来ます! この画像のグラフをご覧ください! 線になっているのが現在の推移で、点線が「バッテリーの状態から計算された予想の推移」です。 今のまま使い続けていくと、予想では、12時間後には0%になる予定になっています。 しかし、これはあくまでも予想でしかありません! お客様のお話しですと、1日どころか半日も持たず、使い方によっては3時間程度しか持たないとのことでした。 使用歴は3年程でしたので、かなり劣化している可能性が高いと判断しました(;´・ω・) いくらシステムで計算されていようとも、あくまで目安でしかないこのグラフは、あまり役に立たない場合があり 、殆どの場合、予想よりも早くバッテリーが切れるパターンが多いです。 Xperia系は、2020年から3年以上前の機種に関しては、バッテリー交換を早めにした方が賢明です! 思いのほか劣化すると、著しく性能が悪くなる傾向にあるので! では、早速修理していきましょう!    

Premiumシリーズは分解に手間が掛かる

XZとは違い、Premiumの場合は背面から分解します。(XZは液晶を開ける) ガラス製なので熱伝導がよく、比較的すぐに暖まります。       概ね5分程度もすれば粘着も弱くなり、あっという間に開封出来ます。 さて、ここからが本番です! 本体をバラしていきます!      

本体分解~基盤を外す

上部と下部にあるプレートによって、基盤を固定しているので、これらを全て取ります!           続いて、バッテリー・ICコイルのコネクターを外します。         アウトカメラ・充電コネクターも基盤に接続されているので、これも外します! とにかく、基盤についている物は全て外さないと、基盤が取れません!       インカメラを外して、残りは基盤についている数か所のネジを外せします。         最後に、移植するICコイルを外して完了です!       これでようやく基盤が外せます(;^ω^) いやーここまで20分ぐらいかかるので、なかなか手間ですね・・・      

続いて、バッテリーを外します

バッテリーはいつも通りテープを剥がしてしまえばOK! Androidといえど、分解方法は同じです!     これでバッテリーの取り外しはOK! ここまでの作業で30分程度掛かりました(;´・ω・) 本当このモデルは、分解に手間が掛かりますね・・・      

バッテリーを組み付ける

続いて、新しいバッテリーを組み上げていきます。 組み上げる前に、先に基盤を取り付けておくと、作業がスムーズになります♪ ここまででき上がれば、バッテリーを組んで元の状態に戻していきます。         そして、最後は背面パネルを組んで起動確認を行いますっ!      

修理完了

作業を初めて1時間後、ようやく修理完了しました(;´・ω・) 動作確認を行い問題なし! これで全ての作業は完了です! 交換したので、もうしばらくは元気に活躍できますね(^^♪ XZPremiumのバッテリーの在庫はまだまだありますので、お困りの方は是非お気軽にご利用ください! 今日のブログはここまでです! 最後までお読みいただきありがとうございました!