Android修理ジャパン 新宿店のスタッフブログです

android修理ジャパン
新宿店スタッフブログ

新宿店 ▶ スタッフブログ

Androidの端末(スマホ)を初期化する方法と注意点!

Androidの端末(スマホ)を初期化する方法と注意点!

他のスマートフォンでは解説が沢山あるのに、なぜかAndroidスマホでは初期化の解説が少ないですよね。 書いているスタッフも元々Android派ですから、気持ちは良くわかります。 なぜ少ないか、それには理由があります。 その気になる理由と…詳しい方法や注意点について 今回は紹介していきます。

なぜ初期化の方法について見つけにくい?

これにはAndroidというオペレーションシステム(OS)の仕様が関わってきます。 一般的なスマートフォンに多く搭載されているAndroidOSには ・OSのバージョン ・カスタムUI(カスタムOS) という2つの仕様が備わっており、その様式によって初期化の方法が大幅に変化します。 カスタムUIだけで、例を挙げていくと… ASUS製のスマホには「ZenUI」 OnePlus製のスマホには「OxygenOS」 Samsung Galaxyシリーズでは「One UI」 ファーウェイ製の一部スマホには「EMUI」 さらに3大キャリアであるdocomoが販売しているスマホには「docomo シンプルUI」などキャリアでプリインストール(最初から入っているカスタムUI)などもあります。 ほとんどのカスタムUIで、設定欄からの初期化方法が異なります。 さらに同じメーカーやブランドでも機種により初期化やリセットの項目の位置が変わることもありAndroidの幅広いラインナップを支えるカスタム性が初期化の方法をブログや解説として、文章に起こし辛い一つの要因と言えるでしょう。 なので大抵の場合「○○製のモデル限定で解説します」という前置きから入るのが定番です。  

Androidの初期化は簡単?

先にも述べたように、メーカーやブランドごとに変わるUIとAndroidバージョンにも左右される、初期化についての項目。 これらを踏まえて「初期化が簡単に行えるか」を考えてみると… あまりスマホに馴染みの無いユーザーには優しくないかも知れません。 ですが初期化自体の難易度で考えると、その他のOSに比べ 下準備の少なさや気をつけるポイントさえ抑えておけば 誰でも出来るといっても過言ではありません。 また初期化(リセット)の項目の簡単な見つけ方も紹介します。

Googleアカウントって?

まず理解しておかなければ行けないのが 「Googleアカウント」というものです。 これはスマホを動かす上で、スマートフォンに 「誰が使っているか」を教えてあげるために必要な@gmail.comで終わるメールアドレスと それに付随するパスワードで管理されたAndroid用のアカウントです。 初めてスマートフォンを購入した場合は初期設定時に作成し それ以降は同じアカウントを引き継いで使っていくものになりますね。 このGoogleアカウントで純正クラウドアプリである 「Googleドライブ」などを管理していくため新しいスマホへの引き継ぎ作業に必ず必要になり もちろん、初期化の際にも重要なポイントになってきます。 Googleアカウントを忘れてしまった場合、再度作り直すことも出来ますが ドライブを使ってのバックアップや、Googleフォトの自動同期によって記録されたデータは消えてしまうので要注意です。 ちなみにLINEのバックアップも大本はGoogleドライブに収納されているので… 理解せずに使っていると初期化後に困ってしまう可能性があります。

おサイフケータイ(FeliCa)は要注意

また先程のGoogleアカウントとは別に、Androidスマホの一部機種に搭載されているおサイフケータイ機能にも注意が必要です。 FeliCaという小型チップにより管理されているおサイフケータイのデータは 端末本体の初期化作業では、完全に消すことは出来ません。 これはFeliCaチップというものの仕様で、FeliCaのICチップ内にデータが残るためです。 さらに三大キャリアの決済サービスを使用している場合、キャリアの窓口でしか そのデータを初期化することは出来ないので、作業的にも大変になります。 ほとんどの場合は問題がありませんが、おサイフケータイを使用している方は ここも予習、復習をする必要があります。

初期化の方法は?

さて、本題に入ります。 スマートフォンの初期化に必要な要素として ・Googleアカウントをスマホから削除 ・内部ストレージの削除 ・SDカードの処理 この三つがあります。 まずはGoogleアカウントの削除をしなければいけません。 スマホに「誰が使っているか」という情報を残したまま初期化をしてしまうと 最悪の場合、スマートフォン本体がセキュリティロックにより使えなくなってしまう可能性があるから、です。 (これはスマートフォンの機種、OSバージョンにより異なりますが基本は削除を推奨します) ここでのポイントは「Googleアカウントの削除」という項目です。 ログアウトを行う項目というのは、基本的に存在せず スマホの中からGoogleのアカウント情報を消去するというのが主な目的になります。 設定内の「アカウント」もしくは「ユーザー&アカウント」から Googleのアイコンの物を選択し「アカウントの削除」を選択しましょう。 たとえば複数のGoogleアカウントが登録されている場合や、他のアプリで登録したアカウントも表示されている場合 同様に削除をしておくと後々のトラブルを回避するポイントになるので、オススメです。

初期化、リセットの項目が見つからない

もしも設定の中から、本体の初期化やリセットが見つからない場合は 設定欄の一番上にある虫眼鏡のマーク、もしくは検索バーを有効活用しましょう。 検索バーに「リセット」「初期化」と入力することで バージョンやメーカーによってバラバラに配置されている項目をすぐに見つけることが出来ます。 ただしインターネットの検索に比べて、そこまで融通が効かない検索なので 決まった語句でしか、求めている項目にたどり着くことは出来ません。 大抵の場合は「システム」「詳細設定」 「端末情報」に初期化の項目がありますので、根気よく探すのもありです。

SDカードはどうすればいい?

SDカード対応のAndroidスマホの場合、本体のストレージとして設定されていない限り 本体の初期化と同時にSDカードも初期化されるということはありません。 基本的にSDカードは新しいスマホへ写真などの大きなデータの移行に有用なので 本体から取り外したあと、保管し新しいスマートフォンに刺すことでそのまま使えます。 SDカードがささっていることに気が付かず、初期化後すぐに 第三者へ販売してしまうと思わぬデータの漏洩の危険性がありますので 忘れずに本体内部から、抜いておきましょう。

最後に

自由度が高く、パソコンに近い感覚で様々な使い方ができるAndroidですが逆に敷居が高い部分も多いのが特徴です。 理解度を深めていくことで、便利に、より快適に使えるものですが… わからないまま使っていると、不意に躓くことも多いでしょう。 今回はそんなスマートフォンの大事な初期化について書いてきました。 皆様の参考になれば、と思います。それでは。

Android OSのバージョンを確かめる方法

今使っているスマホOSバージョンはいくつ?確かめる方法について

お手持ちのAndroidスマホのバージョンを知りたいと思ったことはありませんか? インストールしたい最新アプリに現在のスマホが対応しているのか、アプリのアップデートが行われた際に、お使いのスマホが対応外にならないかなど、ブラウザやアプリの動作環境を把握するのに必要不可欠なものが「OSのバージョンを確認すること」です。 しかし、今すぐにAndroid OSのバージョンが知りたいのに、その操作方法がわからないと、とても歯がゆい思いをしてしまいますよね。 今回はそんな事態を防ぐべく、Android OSのバージョンを確認する方法についてご紹介していきます。 Android OSとは何か?という点にも言及しておりますので、あわせてご参考ください。  

Android OSとは

Android OSとは主にスマホやタブレットなど、タッチスクリーンが付属している小型電子機器向けに設計されたソフトウェアで、iPhone以外のスマホにはAndroid OSが搭載されています。 Android OSのアプリ開発はGoogleが課した基準に基づいて認定されたによってライセンスされている場合が多く、Android TVなどはGoogleが開発しています。  

Androidスマホのバージョンを確認する方法

Androidスマホのバージョンを確認する方法はスマホによって変わることがあります。しかし、基本的には下記の確認方法でバージョンを確認することが出来ます。 「設定」アプリを起動 → 「端末情報」をタップ → Androidバージョンを確認する 以上の手順でAndroidスマホのバージョンを確認することが出来ます。  

まとめ

AndroidスマホのOSバージョンの確認は意外と簡単に行うことが出来ます。 お手持ちのスマホが最新AndroidOSに対応しているか否かは、お使いのスマホのメーカーやキャリアからアップデート情報を確認することで、把握することが出来ます。 用途に合わせてお使いください。 それでは!

XperiaXZpremium バッテリー膨張!?1時間で交換!

先日新宿店へ直接ご来店頂きましたお客様の修理事例をご紹介いたします。

XperiaXZpremiumのパネルが浮いている!?

ご来店頂いたお客様の状態はパネル浮きでした。 起動中本体横から光が漏れていることに気付き当店へご相談にご来店されました。 正面からでは特に変化に気付きにくいですが横からだとパネルが浮き上がっていることが確認できました。

パネル浮きの殆どがバッテリーの膨張が原因

Androidに関わらず、iPhoneなどの他の端末にも起こりうる症状であり、 そのどれもがバッテリーの膨張が原因で起きております。 スマートフォンで使用されているバッテリーはリチウムイオンバッテリーで、 このバッテリーは熱や衝撃に弱い性質を持っております。 落した衝撃で膨張したり、夏などには車の車内に放置しているだけで膨張してしまう可能性が高いバッテリーです。 もう一つの原因がバッテリーの劣化による品質低下で起こる可能性が御座います。 今回のお客様は特に落としたり衝撃を与えていなく気が付いたらパネルが浮いていたとの事。 この場合はバッテリーが劣化しており尚且つ過度な使用をしたためにバッテリーが膨らんでしまったことが考えられます。

早速バッテリー交換開始

XZpremiumはXZ系では珍しく背面パネルから剥がして分解する構造になっております 内部はこんな感じ。 バッテリーがすでに見えておりますがこれを外すには幾つか工程を挟みます。 バッテリーを外した状態。 結構細かいパーツを外さないとバッテリーまでたどり着きません(-_-;) 途中切れやすいケーブルなどがあるので注意が必要です。 見た感じは分からないと思いますが、 やはりバッテリーが膨張しておりました。 新しいバッテリーの交換させて頂き無事に作業完了!! 浮いていたパネルも元に戻り動作にも問題がなかった為お客様にお渡しいたしました。 お渡しまでのお時間はおおよそ1時間ほどでした。 この度はご利用頂きまして誠に有難う御座いました。   Xperiaのバッテリー交換以外にも画面修理などにもご対応可能です。 不具合があった場合は一度お気軽にご相談くださいませ。 Android修理ジャパン新宿店

X performanceの画面を修理してlineのバックアップを取る。

X performanceの画面を修理してlineのバックアップを取る。

  新宿店スタッフSです。 Xperiaの修理をしていて思うこと、それは 液晶の薄さが半端ない、という点。 ゆえに衝撃で割れやすく、タッチ不良を起こしやすく バッテリーの膨張でゆがむこともあります。 今回はそんなXperiaの中でも中堅に入った Xperia Xperformanceの液晶修理を紹介します。

【理由はLINEのバックアップを取るため】

液晶表示も失い、タッチもきかない状態です。 比較的、丈夫な部類に入るXperformanceもこうなるとどうしようもありません。 御客様曰く「ラインのバックアップだけでも」とのことです。 実際こういったLINEの履歴関連の修理は多く データの自由度が高いAndroidスマホでもLINEだけは別格で厄介です。 iPhoneもスマホもLINEの設定内にある 「トーク」→「トーク履歴のバックアップ」のスイッチをユーザーが選択しなければ 一切の履歴が保存されない仕様なので... たとえば「SDカードを入れてあるから大丈夫」とも行きませんし ローカルデータとしてトーク履歴をテキストファイルに抽出することは出来ても そのテキストファイルをLINEデータに戻すことは出来ない不可逆仕様。 この鬼のようなインスタントメッセージ然とした仕様に泣いた方も多いはずです。

【余談はさておき修理に入ります】

修理人的LINEへのヘイト値の高さが分かった所で修理に入ります。 Xperiaはモデルごとに基本設計が変わり 「必ずココから開ける」という定石がありません。 Xperformanceの場合は背面のプレートから外していきます。 開け方は違えどXperia全般は最初の一手難関で プレートを止めている接着剤をヘラで剥がす際に 「ココを通過した段階でケーブルが傷つきます」 という場所に重要なケーブルが配置されていたり... なんなら基板が剥き出しの機種もあり 正直「あ、もう修理なんて最初から考えてないんだな」と分解するたびに感じます。 愚痴っぽくなりましたが... プレートを外し基板を覆うブラケットを外したら ここでやっとバッテリーの端子を抜けます。 なので操作不能になった端末や、強制終了が出来ない場合。 この段階で初めて通電を遮断出来る。ということで... 慎重に作業をしなければいけません。

【そしてバッテリーを外す】

そしてバッテリーを取り外しますが ココでもXperiaの厭らしさが存分に発揮されます。 バッテリーを本体内部に固定する方法として 通常であれば横に引き抜くことで簡単に取れる粘着テープが使われています。 ただこのテープ、簡単に劣化して引き抜けなくなります。 (ブチブチと切れる割にはシッカリくっ付いている) コの字型の基盤がバッテリーの周りを囲っているうえに バッテリーの下にはボタン類のフラットケーブルもあるので ここでも慎重を越した作業を強いられます。

【バッテリー交換ならここまで、画面交換はもう少し】

そんな入り組んでいて煩わしいバッテリーと 本体の関係を切り離したら次は基板を外します。 この基板は本体フレームのツメに噛ませて固定されていて 外れそうで外せないという初心者あるあるが語られるほど 「なんかこういい具合に」という 経験が一番の味方になる作業です。 Xperformanceでは一部を緩めるだけという工程もあり 理解度がものをいう作業ですね。

【基板を外せば、あとは早い。が!】

写真がずいぶんと飛んだな、と思うでしょうが 実際、基板さえ外してしまえば後は早いです。 が! Xperformanceで気を付けなければいけないのは... 液晶パネルの裏NFCアンテナが居ます。 液晶パネルを止めているテープを剥がしていく際に ヘラやカードを深く入れてしまうと... ココをキズ付けたり、切ってしまう可能性があります。 ちなみにこのフラットケーブルは簡単に切れるほど柔らかいです。 これはXperformanceに限ったことではなく その他のXperiaでもNFCアンテナは作業の動線に必ず居ると考えた方がいいでしょう。 作業の手順を考えながら、常に最適解で作業をする必要があります。 逆に言えば最適解が見つかってしまえば、そこまで大変な修理ではありません。

【新しい画面を装着】

新しいパネルをフレームに装着します。 もうここからは書く事もないくらい早いですよ。 ひっくり返して... 基板をセットして バッテリーをセットして 端子を止めていき 分解と逆の手順でブラケットを止めて 背面のプレートを圧着したら... 完成です。 とにかく分解を始める際に気を付ける点が多い それがXperiaの注意点ですね。 ここまでくれば操作も出来ますし、最初の目的であった 「LINEのバックアップを取る」も可能です。 液晶表示ができない、タッチが切れる そんなXperiaにお困りの際はAndroid修理ジャパン新宿店まで御相談ください。

XperiaXZPremium 液晶破損の修理は意外と手間が掛かります

Premiumと言うだけあって、構造もPremiumでした   どうもこんにちわ! android修理ジャパン新宿店のスタッフDでございます! 今日はバッテリー交換ではなく、「液晶破損」の修理をご紹介いたしましょう! 機種は「XperiaXZPremium」です。 XperiaXZPremiumは、XZのハイエンドモデルとして2017年に販売されて、取り扱いはdocomoのみと言う 扱いもプレミアムですね~ 高級感も出す為に、デザインも鏡面仕様になっています。 今回はこの機種の修理を行います。 では早速、お持ち込み時の状態をご覧いただきましょう。      

右側を強く強打してしまったXZPremium

状態は見ての通りです。 右側の端を一点集中の衝撃が加わって、黒く滲み、そこから破損が広がっています。 これが原因で、液晶も乱れて真面に操作が出来ない状態になっています。 端末側は、辛うじてタッチ操作が出来ていたので、本体自体は無事でした。 この状態であれば、画面交換のみで改善できます(`・ω・´)b では分解して行きましょう!      

まずは背面から

XZの場合は、液晶を外せば交換できるのですが、このXZPremiumに関してはそうもいきません。 背面パネルを外さないと液晶を交換する事が出来ない構造になっています。           背面パネルが外れると、画像の状態になります。 パネルはガラス製なので、取り外しに十分気を付けて外さないと割れてしまいます(-_-;) 技術力があるからこそ成せる業!と言っても過言ではないので、くれぐれも自己修理はしない様に!      

基盤を外す

XZPremiumは背面パネルを開けた後、基盤を取り外す工程が必ず必要になります。 この流れは、XperiaZ3やZ4等の旧モデルと同じ修理工程になります。 スペックが飛躍的に向上しているPremiumシリーズなので、中身もPremium級に手間が掛かるのです(;´Д`A ``` まずは、右端のネジを外します。       続いてアウトカメラ周辺の2ヵ所のネジを外します。         最後に、右下のプレートのネジを外します。 このプレートには、バイブレーターがくっ付いている為、プレートを外す際は誤って断線させないように 慎重に、ゆっくりと外します。        

3ヵ所全てのプレートを外すとこんな感じ

以上の3ヵ所を外すと、隠れていたコネクター類が現れます。 基盤を外す為には、基盤に接続されているコネクター全てを外していきます。      

基盤からコネクターを外す

続いて基盤に接続されているコネクター類を外していきます。 外す箇所は以下の部分になります。 ・インカメラ ・アウトカメラ ・充電コネクター ・液晶コネクター ・ICコイル ・バッテリー 上記のコネクターを全て外します。      

コネクターに隠れているネジもあります

コネクターを外す過程で、隠れて見えなくなっているネジもあります。 うっかり外し忘れてしまうと、基盤を傷つけてしまう危険があるので、忘れずに取り外します。      

基盤を取り外す

最後に、基盤本体を固定しているネジを外します。 これで基盤を外せるようになりました。       これでようやく基盤を外せるようになりました。 続いて液晶を外す作業に移ります。        

液晶側もホットプレートで

液晶を外す為には、背面パネルを外す時と同様の作業を行います。 液晶は背面パネルに比べて粘着力が非常に強力になっているので、少し長めに熱を加えます。 概ね10分程度行っていきます。       暖めて、工具でパネルテープを剥がし終えればパネルを取り外す事が出来ます。 外す作業は意外と大変で、20分程度時間を要しました。(テープが固いんです・・・)       本体側のテープ跡を清掃したら、新しい液晶の取り付け作業に移ります。 新しいパネルテープを取り付けて、液晶をはめ込み、先程外した基盤やカメラ類の部品を 元の状態に戻していきます。       基盤等、全て組み付けられたら、背面パネルを組み付けます。 これで、組み立て作業はすべて完了です。      

最後に動作確認を行います

画面を交換後、先程の乱れも綺麗に無くなりました。 タッチ操作等も確認しましたが、特に問題なく正常に稼働します。 これで修理作業は完了です。 概ね2時間かからない程度の時間で終了しました。 やはりXZPremiumと言うだけあって、分解作業はPremium級でした。 何度も言いますが、これを自己修理するのは本当に止めたほうが良いですww 手先が超器用でないと、メチャクチャ難しいので、是非壊れた場合は当店にお持ち込み下さいね(^^♪ 本日はここまでです! 最後までお読みいただきありがとうございました!

GalaxyA20が初期化できない!?【Androidの強制初期化の方法とは?】

他で断られてしまっても、当店は全力で期待にお応えします!   どうも皆さんこんにちわ! android修理ジャパン新宿店スタッフDです。 さてさて、今日は非常に・・・・非常に・・・・非常っにっ!!! 珍しい事例をご紹介しましょう!    

パスワードが初期化を邪魔をするGalaxyA20

まずはお持ち込みされた時の端末の状態は悲惨な状態でした。 画像は画面真っ暗なのですが、なんとこの端末・・・・ 電源を切ろうとするとパスワードを求められてしまうのです! しかもそれだけでなく、再起動する場合も同様の状態。 お客様のお話によると、初期設定の段階で誤ってパスワードを設定したのは良いのですが その肝心のパスワードが分からなくなってしまったという事態に陥ってしまったのです! そして、何かの設定をしてしまったが為に、「電源を切ろうとするとパスワードを求められる設定」 をしてしまったそうです。 こんな事象今までに経験がスタッフDにはございませんっ(;´Д`) 初めての事象に私自身も戸惑いました。    

何故この状態になったのか?

調べた結果、この設定は「安全ロック機能」がオンになっている事が要因となっています。 Galaxyの場合、この安全ロック機能をオンにしておくと、盗難時GPSの電波を発信し続けている状態を保つ為 第三者が勝手に電源を切れない様にする、「盗難対策」の機能だそうです。 (自分もGalaxy使っているけどまず使おうとは思わない機能です・・・・) 一度設定してしまうと、パスワードが無ければホーム画面も開けないし、電源も切れないというかなり面倒くさい設定です。 これを解除するには「強制初期化する」以外に解決策はありません。 今回は、初期化したいというご依頼でしたので、強制初期化を行わさせて頂きました!      

強制初期化の方法はパソコンなしで可能!

iPhoneの場合は強制リカバリーに入れる為に、パソコンが必須アイテムになるのですが、 Androidの場合は、本体のみで強制初期化が可能です! パソコンに依存しないAndroidの利点の一つですね! 初期化のコマンドはメーカーよって変わるので、今回はGalaxyの初期化の方法をご紹介します! まずは、電源が切れないので強制再起動で一度電源を落とします。 方法は以下の通りです。 【強制再起動】 ・「電源ボタン」+「音量ボタンー(マイナス)」を同時押し ・画面が真っ暗になり、バイブが一瞬「ブルッ」となって再起動されます これはただの強制再起動になるので初期化は出来ません。 ここで、無理やり初期化をする為には、この再起動した一瞬を利用します。 電源が落ちた一瞬の隙に以下の方法を行います 【強制再初期化の方法】 ・「電源ボタン」+「音量ボタン+(プラス)」を同時押し ・5秒以上押しっぱなしにしていると、画面が切り替わります。 ※ここでポイントなのが、電源ボタンは押しっぱなしのまま、音量ボタンだけをすぐに+の方に 押し変える所がポイントです! 上記の方法を行うと、以下の画像に切り替わります。   ここで初期化を行います。 なんともファミコンみたいな画面ですねw レトロな所が裏技を使っている感じがしますw      

初期化開始の方法は簡単!

初期化を行う場合は、「wipe/factory reset」を音量ボタンを操作して、電源ボタンを押して決定します。     選択を行うとreboot recoveryの表示が出るので、これで初期化は完了です!(意外と簡単なのね(;´∀`))      

再起動を行います

先程のreboot recoveryの表示が消えると、最初の選択項目の画面に戻ります。 初期化が完了したので、端末を再起動させます。 再起動の場合は、「Reboot system now」を選択すれば、再起動を始めます。       再起動が始まると、デフォルトのアプリを再インストールが始まります。 これが終われば、全ての作業が完了し、初期化された画面に戻ります。      

初期化終了

開始!の文字が表示されたら、初期化は無事に完了です! 初期化されたことにより、最初の安全ロックの設定もリセットされるので、パスワード設定は消滅します。 これで安心して再使用できます! お客様も無事に初期化出来てかなり喜んで頂けました!   今回の案件は、他店の修理業者に依頼しても全て断られてしまったとの事で、当店にご来店頂きました。 こういった特殊な作業は他店で断られてしまうケースが多いのですが、諦めずまずは一度当店へお持ち込み下さい! 今回のケースの様に解決できる事もあります! お客様のご期待に答えられるように、持てる知識を駆使して作業をさせて頂きますので、是非お気軽にご相談ください! 本日の修理事例は以上です! 最後までお読みいただきありがとうございました!